ベトナムお土産ブランド
『サイゴンチェアsaigonchair』

ようやく最初の商品、タオルハンカチが店頭に並びました。
8種類の刺繍があり、ふんわりフカフカ、1枚70,000VNDです。
卸し販売もしますのでご希望の小売店様はご連絡ください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

きゃりーぱみゅぱみゅ『にんじゃりばんばん』踊ってきました。



↑踊ったのはココ、7区にできた『おおぞら幼稚園』。

実は昨年の末から健康のために何かしようと思って
ダンスのサークルに参加していました。

ブログに書こうかなと思ったんですが
すぐ止めちゃったりしたらまずいし、と思っていたんですが
ここまできたら書いてもいいかなと。

ダンスなんて小学校のフォークダンス以来で
基本もなにも全く知らなかったんですが、
知合いの『ミルーア』レストランの女将がやっていることを知って
しかもストリートダンス系らしいというので決めました。

ダンスなら、バレエかストリートと思っていたので。
出来るできないは置いといて。

参加者の中では当然一番年長者でへたくそなんですが、
何がへたくそって、振付が全く覚えられないんです。

ですから、2週間後におおぞら幼稚園で踊ることが決まった時には
正直、かなり不安でした。

1回目の練習で『きゃりーぱみゅぱみゅ』を踊るということが知らされ
みんなで覚えるんですが、まったく次の振付が出てこない。
本番まであと1回しか練習できません。

次の日に隊長のTさんから練習用の動画が送られてきたので
毎日少しずつ練習しました。けっこう疲れるんです、この踊り。

時には外をウォーキングしながらおさらいしてたので
かなり危ない人にもなっていました。

そんなことで、ど〜〜にかたどり着いたのがコレです。

お恥ずかしい限りですが、すごく楽しかったです。
また呼ばれたらどこでも踊りますので声をおかけください。
対象が幼稚園児以上だともっと踊りこまないといけませんね、ハハ。

ダンスサークルはいつでも募集中です。是非ご参加を!




↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

ベトナム買い物史上、最高のパフォーマンスを誇っていたドアベルが、

先日のことですが、ミシン刺繍のフンさんが約束の時間になっても来ません。

私は2階で作業していたのですが
20分ほど過ぎたところでフンさんから電話がありました。
「○×□△○×□△○×□△○×□△」ベトナム語で何か言っています。

遅れるのかな〜?と思いながら何気に1階に下りてみると
玄関にフンさんが。

あれっ?ドアベルの音が聞こえなかったけど?
ついに壊れた?

ほぼ丸4年。
雨の日も風の日も、南国のスコールにも耐え頑張って鳴り続けてくれた
けなげなドアベルがとうとう、、、。



とうとうダメになったかなと思いながら中を開いてみると
中は綺麗で変わったサイズの電池が1つ。

ひょっとしたら電池を交換したらまた動いてくれるかもと
ヤンシン市場に向かいました。

変な見たこともないサイズだから売っているのか半信半疑でしたが
売っていました。すごいヤンシン。

で、交換してみたら動きました!

ベトナム買い物史上、最強のパフォーマンスは健在でした。
また4年、鳴り響いてくれることでしょう。

ありがとうドアベル!




↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

年末花火をグエンフエ通りで見ました。

ベトナムでは西暦の1月1日の深夜に花火が上がります。
15分だけですが。

そしてその花火を見に、たくさんの人が川沿いに集まってきます。



↑ホーチミン人民委員会庁舎のまえの大通り、グエンフエ通りは
人であふれかえっています。



↑バイクで来た人たちはこの通りに入れないので脇道で待機。
でもそこからは花火が見えないんですが、どうするんでしょう?

15分の間に交代で見に行くんでしょうか?



人が多くてまっすぐに歩けません。
座り込んで場所取りをしている人たちでいっぱいです。



↑このアーチはどうやら世界地図のようです。



↑ちゃんと12時ちょうどに打ち上がりました。
歓声が上がります。

ちょうどこのアーチの中に花火が収まるようになっています。
ベトナムにしてはうまくいったんではないでしょうか。

花火の種類も以前より少し増えていますし
進歩が見られます。

帰りはバイクの群れと人ごみに混ざって
歩いて家に帰りました。

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。




↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

年の瀬は植木屋が通ります。

年末ですね。

ベトナムではお正月、旧正月にかけて植木屋さんが大忙し。
皆、新しい年に向けて新しい植物を買うようです。

バイクや自転車の荷台に植木を乗せて売り歩いている光景も
頻繁に見かけるようになりました。



↑そんな植木屋さんから一つ買ってみました。
20,000d=¥108



貝の植木鉢がステキです。

このままちゃんと育つようだったら、もっと増やしてみようと思います。

では、今年もたいへんお世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。





↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

蚊取りラケットは買いか否か。



↑充電式の蚊取りラケット。
買ったのはずいぶん前ですが(1年以上)¥1,000以上はしたはず。

『蚊取りラケットは買いか否か』の答えは

否。

先日、とうとう電気が点かなくなって壊れたんですが
今までに蚊が捕れたのは通算で10匹未満。
それも最初のうちだけ。

途中から電気は点くけど振っても振っても蚊に当たらない。
当たった時はパチッとはじける音がするんですが、まったく反応しない。

絶対当たってると思ってもパチッて鳴らない。

振り方が悪かったのかもと、次回挑戦するもやっぱりパチッて鳴らない。
アレアレ〜って思ってるうちに、充電しても電気がつかなくなった。

正直、ホッとした。

ようやくこの大きな、派手な色をした役に立たないものを捨てられる、
絶対に当たったのにパチッて鳴らないストレスから解放される、と。

壊れてよかった、本当に数少ないものの一つでした。



↑これは引っ越してすぐに買った害虫よけの音を出すという装置。
コンセントにさすと小さくジ〜って言ってる。

効いてるんだか効いてないんだかさっぱり分からず、
何かの都合でコンセントから抜いてからタンスの奥にしまいこんでました。

この際一緒に捨てようと、ようやく踏ん切りが。

さっぱり、スッキリしました。




↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

ベトナムでMRIを受けました。

更年期なのか、アチコチ調子が悪いので
SOSインターナショナルクリニックに通っていたのですが
症状が改善しないため
帰国前にふと、元TOP HAIRのタケさんに紹介された病院を思い出し
あわただしく行ってきました。

■ CIH City International Hospital 
No.3, 17A Street, Binh Tri Dong B Ward, Binh Tan Dist. HCMC
Tel: 848-6280 3333

ビンタン区にあるのでタクシーで行ってきました。30分くらいです。
バスでも西部バスターミナルが近いのでそこまでバスで行って、
そこからタクシーでも行けます。

来年には近くにイオン4号店ができるので
帰りにお買い物ができるのがうれしい。

たぶんホーチミンの在住者でもほとんど知らないと思うのですが
MRIがお手頃な価格で受けられるということと
林さんという女性が勤めていらっしゃるということで決めました。

なんだかよくわからない病院だけどタケさんの紹介だし、、、、と
ちょっと不安でしたが



↑着いたら、ものすごい、ホテルと見まがうばかりの大病院。
入口でホテルマンのようなスタッフがお出迎え。



↑病院の受付なのに、豪華。広々。



↑あらら?空港の待合室か?



↑人がいない。スキスキ、ガラガラ、静か〜。



↑コンビニもあるし



↑カフェも。



ちゃんと本格的なコーヒーが飲めます。カプチーノが35,000d。

えーっ、ホーチミンにこんな綺麗な総合病院があったなんて!
着いてみるまで想像もしてませんでした。

なんでもベトナム人のお金持ちがマレーシアと共同で昨年立てたばかりの
ま新しい、ピカピカの私立病院だそうです。

だからまだ患者さんが少なくてスキスキ状態なんですね。

この日は脳のMRIと心臓のエコーを受けましたが
すぐに結果が出てレントゲンもお持ち帰りできました。

お値段はちょっと高い血をサラサラにする薬代も入れて3,747,000d=¥20,430でした。
どうなんでしょ?このお値段。

ちなみに通常、公立の病院の5倍の価格だそうです。
でも1区の外資系の病院よりははるかに安いし、
国民健康保険が使えれば半分くらいはもどってくるかもしれません。

海外旅行保険に加入していればまったく問題ないですし、
来年イオンもできれば、けっこう使えるんではないかと思いました。

そして何よりも重要なのが日本人の林さんがいらっしゃるということです。

林さんは作業療法士としてこの病院に勤務されているのですが
日本人の患者がいるときは付き添いで付いててくれます。

病院への行き方から、検査の結果や薬の説明、保険申請等、
最初から最後までズ〜っとお世話になりました。
本当に親切ですごく丁寧に説明してくださいます。

総合病院なので全て専門の先生ですし、
ちょっと詳しく調べたいけれど、公立の病院は不安だし言葉もわからないし
という方にうってつけです。

ベトナムは医療後進国ですが
徐々に進化しているんだなーというのを実感した1日でした。




↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。
このページの先頭へ