ベトナムお土産ブランド
『サイゴンチェアsaigonchair』

ようやく最初の商品、タオルハンカチが店頭に並びました。
8種類の刺繍があり、ふんわりフカフカ、1枚70,000VNDです。
卸し販売もしますのでご希望の小売店様はご連絡ください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

うちの蟻も捕ってくれ、アリクイ刺繍。


アリクイ刺繍

↑アリクイが蟻を食べているところの図。

アリクイ刺繍

↑色違い。より土っぽくなった、アリクイが蟻を食べているところの図。

ホーチミンは温かいせいか、汚いせいか
やたら蟻が多いんですよ。

特にこれから雨期に入りかけの頃が多いかも。
たぶん土の中にある蟻の巣に雨が入ってきて押し出されてくるような気が。

この家に来た当初もやたら蟻が多かった。
しかも刺すから痒くて。

そのうち蟻の巣ころりや、掃除でずいぶん減ってきたけど
油断するとすぐに列を作ってる。

ありの糖分感知センサーってケタ外れだと思う。
尋常じゃない。

一家に一匹アリクイ君がいてもいいと思う。

お隣が猫を飼い始めたら
ネズミが減ったって言ってたし。

効果抜群に違いない。




↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

鮭とったどー、シロクマ刺繍

シロクマ刺繍

↑鮭が捕れた、今日の晩ごはん〜♪

シロクマ刺繍

↑刺身、塩焼き、バターソテー、どうしよ?


私は断然塩焼きです。




↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

猫、ねこ、ネコ刺繍。

ねこ刺繍ができてしました。

ねこ刺繍

↑前回ご紹介したオレンジの猫の白バージョン。
振り向きざまに蝶チョが舞ってる図。

ねこ刺繍

↑オーソドックスに花と猫。
可憐な印象。

ねこ刺繍

↑色が変わると印象も変わる。

ねこ刺繍

↑桜と猫。
なんとも福々しいというか。幸せ感が。

ねこ刺繍

↑どら猫というよりは親分ぽいりりしさ。
魚を狙っているよーな、いないよーな。



↑色が変わると雰囲気も変わる。
親分だったのがお姉さんに。見えない?

鯖が鯛になったし。

ねこ刺繍

↑あー、くわえちゃった。これはドラ猫。
熱帯魚だし。

今のとここんな感じです。

これらの刺繍は小銭入れ用で
面積が小さくてあまり複雑なことはできないので
シンプルながらもバリエーションをだすことを工夫しました。


4月には店頭に並ぶ予定です。

またお知らせしま〜す。




↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

5猫5色


ミシン刺繍というのは職人さんが
1枚1枚布を動かして創る職人芸です。

そのために大量生産ではできない
温か味というか、味というか、不揃いなものができてきます。

猫刺繍 猫刺繍
猫刺繍 猫刺繍
猫刺繍

この猫たちはどうみても同一猫ではないでしょう。

賢そうなのからヌケたのまで取り揃えております。
4月には店頭に並ぶ予定です。




↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

ホッと一息刺繍。



↑ホッと一息ついているシロクマ。

朝のモーニングコーヒーか?
さっ、仕事に行くかな。



↑仕事の後のホッと一息。
今日もまぁまぁな出来だったかな。(遠い目)

私にはこのシロクマたちがおっさんに思えてくるのですが
そんな感じしません?

ちょっとした疲れ具合というか
安堵感というか、雰囲気が
そんな感じしません?





↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

恐ろしすぎる顔

刺繍で一番難しいところはどこだと思いますか?

怖い顔の刺繍

↑私は顔だと思います。

こけし刺繍の時もそうでしたが
顔だけは何度もやり直してもらいました。

この刺繍はデザインもいまいちだったので
本番をオーダーするのはやめにします。何度もやり直しになりそうなので。

泪ポロポロ刺繍

↑でもこの「泪ポロポロ刺繍」は好きなので
ちゃんと仕上げたいんですよね。

先行きが憂鬱です。



↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

あまりにも下手なチェーンステッチだったので・・・



↑チェーンステッチの上からスパンコールを付けている最中。

なんでつけているかというと
あまりにも下手なチェーンステッチだったので隠そうと思って。

このダルメシアン刺繍はいつも線の部分と
豆型の半分はミシン刺繍で、
残りの豆型は手刺繍のフレンチノットで刺していたんですが

この着物バッグは豆型の部分は全て手刺繍にしようと思い
半分フレンチノット、半分チェーンステッチにしたんです。

そしたら、チェーンステッチの下手なこと。

チェーンとチェーンの間がちゃんとくっ付いておらず
隙間ができている。

やれやれ、どうやら下手な人に刺されたようだ。

刺繍先生はほとんどサンプルしか刺さないので
あとは他の人に回すんですよね。

ということはサンプルでGOを出しても
本番が今一の時があるってことで。

こういうシンプルな刺繍こそ力量が現れるというか
そういうことです。

で、仕方がないので隠すことにしました。

この豆型は両面で10個くらいあるので1日かかりました。
でもこれがキラキラしていいんですよ。

新鮮なバッグになりました。

ただし、もう作りません。手間がかかりすぎる。
ただでさえ手刺繍で高いのに。





来月あたりにHPにアップします。
大変お買い得となっております。手間の分。




↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

あらっ?予想外の人気刺繍。

丸いショルダーバッグが入荷してきました。

レース刺繍

↑レース刺繍に本物のレースをあしらい
さらにスパンコールを付けてみました。

レース刺繍

↑こちらは生成りバージョン。
生地はクラシカルな柄入りです。

このバッグは2つともHPにアップしていますが
両方ともすぐに売れてしまいました。コチラ

いつも新しい刺繍は早く売れやすいのですが
この刺繍の人気は予想外でした。

モノトーンで使いやすいのもよかったんでしょうね。

次回はもう少し増やしてみようと思います。
半年後ぐらいですね。

これから毎日1つずつショルダーバッグをアップしていく予定ですので
お楽しみに。




↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。
このページの先頭へ