ベトナムお土産ブランド
『サイゴンチェアsaigonchair』

ようやく最初の商品、タオルハンカチが店頭に並びました。
8種類の刺繍があり、ふんわりフカフカ、1枚70,000VNDです。
卸し販売もしますのでご希望の小売店様はご連絡ください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

あきらめました。自分でやります。

現在制作中の泪ブローチとバッグチャーム。

刺繍泪ブローチと刺繍バッグチャーム

私が作ったサンプルはとっくに出来ていて
職人さんにサンプルの通りに作ってもらったわけですが
これがものすご〜〜〜く下手、というお話を前回しました。

1回目はまったくだめでしたが、
注意点を指摘してやり直してもらったところ、20%は大丈夫でした。

なにがダメって、

まずビーズを縫いつけるときにテグスを使わない。
テグスは大変だからと拒否されました。

糸でもいいデザインもあるけれど、
テグスでないと綺麗でないデザインもあるんです。

次に形が悪い。この泪型が歪んでるんですよ、なぜか。
ミシンで縫う時に型紙の線から微妙に外れるんでしょう。

そしてとくに下手なのが裏側を手で縫いかがる時。
縫い目が粗すぎるし歪んでるし。

刺繍泪ブローチと刺繍バッグチャーム

↑これはレースが付いているので、さらに難しい。

そして決め手はお値段。

あまりにも下手なので、高くてもいいから丁寧にやってくれと言ったら
本当にバカ高い値段を出してきた。

みなさん、これ、一見簡単そうに見えるでしょ?
でもこういうシンプルなものが一番うまい下手がでるんですよ。

特に小さなものはベトナム人には難しいかも。
中にはうまい人もいますよ、もちろん。でもそういう人は少ないんです。

たとえば右利きの人に左手でつくれと言ったとしますね。
そしたらその結果、やたら時間がかかってうまくない物ができてくるわけです。

挙句の果て時間がかかるから高くつくぞ、というわけです。
左手で作っているわけですからそれ以上のことは望めません。

左手でも作れるものを出すか、
左手の人を雇って指導するか
何千個もオーダーしてコストを下げて、そこそこのクオリティーでいくか

自分で作るか。

大きな工場では、なぜ品質のいいモノができてくるかといえば
設備はもちろんですが、分業制だからです。

その部分だけを、何千、何万と縫ってれば
そりゃあその部分に関しては、エキスパートになれるでしょう。

この泪ブローチの辛いところは
ビーズ、ミシン縫い、手縫い、
の3作業に別れているところです。

それぞれ携わる人が違うんです。
大きなバッグはそれぞれの専門職人にお願いすることはできても
泪ブローチのような小さなものは難しいんです。

1カ所で作れるところは押し並べてクオリティーが低い。
もしクオリティーが高いところがあったとしたら
多分恐ろしく高い。

悩みます。

とりあえず自分で作り始めようと思っていますが。
1日5個が限度でしょうね。

多分作れない日も多いと思うので月に50個、年600個。
1年がかりですね。

打開策ないかな〜。




↓ポチっと押して応援お願いします。

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

月曜日の郵便局。

最近、雨が途切れず涼しいですね。
風邪ひきました。鼻水が滝のように出ます。

さて、もう1週間経ってしまいましたが、
先週の月曜日に郵便局に行きました。

日本の卸しのお客様の分は
急いでない限り、郵便局から普通小包で出します。安いです。

それがこの日はたまたま月曜日で、
月曜日というのは混みますね。



↑いつも忙しそうなオバチャン達。
この日はいつにも増して忙しそう。後ろの段ボールがひどいことに。



↑通路側も大変なことに、、、、。



↑そしていつも見とれてしまう、このオジチャン達も
グルングルン、フル回転。

この係りの人はお客さんが持ち込んだ荷物を箱に詰めて
ビニールテープでぐるぐる巻きにしてくれます。

その時にこのくるくる回る椅子を使います。

このオジチャンはまだ慣れてないらしく、ゆっくりで丁寧でした。
左奥にちらっと見えるオジチャンの3分の1くらいのスピード。

そうしてグルングルン巻きにされた荷物を持って



↑手続きカウンターに並びます。
混んでいるときはけっこう待たされます。
コンピューターに打ち込む係りの人が1人しかいません。

そして、ここでは油断ができません。
ここで荷物の前に立ちじ〜っと順番を待ちます。

そう、割り込むヤツがいるんです。

そういうヤツには後ろに回れというジェスチャーで注意します。

この日も1人おばちゃんが割りこもうとしたので注意したら
ベトナム語で何やら言い訳するので
日本語で「ちゃんと順番守ってよね!」と言ってやると

カウンターの係りの人に何か尋ねて、
納得したかのように去っていきました。

?? まっ、こういうこともあります。
いろいろあります。しょうがない。

この日は郵便局に50分くらいいましたかねー。
もっと待たされた日もあったけれど。

でも月曜日は避けたいかな、やっぱり。




↓ポチっと押して応援お願いします。


↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ




ビーズを探しに手芸市場へ。

泪型ブローチを製作中ですが
手元にあるビーズが足らなくなってきたので
手芸市場に探しに行きました。

この探しているビーズは数年前にアオザイ用に買ったビーズだから
もしかしたらないかもしれないかなぁ
でも基本のシンプルなビーズだし、、、、

と、ちょっと不安でしたが、
とにかく探してみることにしました。

まず入り口の側から、店内を順番に探していくのですが
なかなか同じビーズが見つかりません。

もしかしたらないのかも?
もしなかったら困るから似たようなビーズを予備に買っておこう。

と、すでに3種類のビーズを買った頃にはちょっとあきらめ気味。

これだけビーズ屋があるのに同じビーズばっかり売りやがって、ったく!
と、心の中で因縁を付け始めた頃、

見つかりました!

ベトナムのビーズ

↑探してたのは1番。大量に購入。90,000d=¥420
?と?は20,000d=¥94
?はなぜか1袋42,000d¥197もしました。

ベトナムのビーズ

↑左から順に1234。
私にはこの値段の違いがよくわかりません。

丸よりはカットされてた方が高いとは思うけど。

ベトナムのレース

↑ついでにレースも懲りずに買ってます。

とりあえず可愛いと思ったものは買っておくことにしました。
後で買おうと思っても絶対ないですからね。

ビーズは基本の形だったので助かりました。

ラッキ〜♪




↓ポチっと押して応援お願いします。

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

1年半ぶりの工業ミシン。

現在の家に越してきてから
作業場に、ずーっと放置してあった工業ミシン。

ようやく使いました。

さっそく試し縫いをしてみましたが縫えないんです。
え〜〜〜、そんなバナナ〜。

糸の通し方?放置しといたから油が足らない?
下糸がキチットはまってない?

いろいろ試したんですが、2時間ほど悪戦苦闘の末
わかりました。

なんと、針に糸を通す時に左から通さないといけないのを
右から通していました。

盲点。

それからしばらく試し縫いをしてたら、下糸がからまって、
針がボキッと折れた!

針、針、針と 針を探すもどこにもない。
やる気がいっきに失せた。


・・・・・・・・
さてそれから1カ月、ようやく重い腰を上げ針を買いに市場へ。
まったく同じのはなかったので、何となく大丈夫そうなのを購入。

ついでにミシン油も買ったのですが、
既製品ではなく、お店の軒先にぶら下がっているボトルを選ぶと
お店の人が油を入れて持ってきてくれます。

なんと量り売りです。驚いた。

さて、ミシンで縫いたかったのは



↑バッグチャームのサンプル。

しずく型のフワフワした、チャームです。
いつもの刺繍に、キラキラビーズが付きます。

実はもうすでに60種類くらい作りました。
半月以上かかりましたか?

このビーズを付ける作業がムチャクチャ楽しくて
このサンプル作りは他の作業を終わってからと決めたほどでしたが
後半はその掟も破り、ひたすら作業に没頭していました。

一つ一つ全部違うので
一つ一つこれからご紹介させてください。

今日はこれでお終い。




↓ポチっと押して応援お願いします。

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ






ポーチの重さを量りで量る。

以前、量りが見つからず
半月ポーチの重さを「ふりかけ」で量った話をしました。

その時の記事はコチラ

それから量りはいつものごとく、
さんざん探し回った場所から出てきました。

でもちょっと前に日本からやって来た友人が
たくさんのお土産と一緒に「たらこふりかけ」を持ってきてくれました。

尋ねると奥様が持たせてくれたということ。

申し訳ない!量りはもう見つかりました。
ふりかけ無用です。(食べるけど)

ということでご報告しておかないといけないと思い、量りました。

ヤモリ刺繍

↑29g。
「ふりかけで」量った時に30gと判定したので、ほぼ当たっています。

ふりかけ量りもなかなかのものです。フフ。

ちなみに以前量った、「さけ」と「おかか」のふりかけは
すでになくなりました。

コレもいただきものでした。
おいしかったです。ごちそうさまでした。




↓ポチっと押して応援お願いします。


↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

ふさ、フサフサのまま。


前回、綿100%のスカーフのふさが水に濡れると
捻じれてフサフサでなくなってしまう、というお話をしました。

解決しました。

刺繍スカーフ

↑すみません。袋を被せて輪ゴムで縛っただけです。

あれ?この方法ダメだったんじゃなかったの?
と、思われた方がいるかもと思いますが、前回はラップだったんです。

ラップだと沁み込んじゃうんですね。

なんだか拍子抜けですが
とりあえず慎重に洗えば濡れないですみました。

ということで、アイデアを出してくださった方に
スカーフを差し上げることはなくなりました。

すみません、気の抜ける話に付き合っていただいて。
要は、こうやって試行錯誤しているぞ、ということです。


いつも応援ありがとうございます。




↓ポチっと押して応援お願いします。

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

スカーフは2度洗います。

パンガンダランではスカーフも販売しています。

どれも綿100%、手刺繍入りなので
刺繍に出す前に1度、水洗いして予め生地を縮ませておきます。

刺繍スカーフ

↑そして刺繍が刺されて仕上がった段階で
チャコの跡を消すために、今度は石鹸でゴシゴシ洗います。

刺繍スカーフ

↑水洗いの後、ギューッと絞って

刺繍スカーフ

↑2枚ずつ干します。
2枚しか干せないので2枚ずつ洗っています。

こうやって出来上がったスカーフは、すでに生地が縮まっているので
買った後お洗濯してもほぼ、買った時と同じ状態です。

刺繍が刺された部分は、多少縮みが出ている部分もありますが
そこは自然素材という事で、味だと思ってください。

こうやって2度水洗いをすることで、
こちらも安心して売ることができるのですが
ただ1つ、水通しをしたくない場所があるんです。

刺繍スカーフ、ふさ

↑ふさふさのフサ。

このスカーフは布を買ってからフサの加工まで、すべて手作業で行われています。
ヘムかがりも手作業、フサを作るのも手作業です。

けっこうな時間がかかっています。

刺繍スカーフ、水洗い

↑水洗いした後。

水洗いすると糸が捻じれて、最初のふさふさ感がなくなります。

ここだけ水を付けないで洗えないかなと思い
輪ゴムで縛ってラップでくるんだりと、試行錯誤しましたが
結局、濡れてしまうんですよね。

最後にアイロンをかけるときに多少伸びるんですが
やっぱり最初の状態には戻りません。

たぶん、買う人はそこまでこだわらないと思うのですが
というか、ほぼこだわらないと思いますが
最初の状態を知っている身としては伸ばしたいと思ってしまいます。

何かいい方法があったら教えてください。
採用者にスカーフ1枚差し上げます♪





↓ポチっと押して応援お願いします。

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ





しずく型、バッグチャーム。

次に作ろうと思っているモノです。

刺繍バッグチャーム

↑しずく型バッグチャーム。

左のゴリオは最初に作ったサイズ。
これがちょっと大きい。

コーヒー豆ではサイズがよくわからん?

サクランボのお茶はゴリオを80%縮小したモノ。
これぐらいだったら下げてもらえるかな。

コーヒー豆ではサイズがよくわからん?

これから刺繍に出して塩梅を見ます。
小さすぎて顔がつぶれたりするものが出来てくるかもしれませんからね。

作り始めた時はブローチを作るつもりだったんです。
でも作りだしたらブローチの大きさには収まらなくなってきて、、、。

パンガンダランの刺繍は組み合わせが多いので
どうしても面積がいるんですよね。

刺繍の後は中に綿をつめて、一番上を革で止める予定です。
果たして可愛くなるでしょうか?

楽しみです。


あの〜、下のイイねマーク押したらちゃんと表示されますか?
今、フェイスブック制作中なんですけど、よくわからんちん。


*問題が発生してフェイスブックを中止しました。7月1日



↓ポチっと押して応援お願いします。


↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ


ふりかけで重さを量る。

昨日、おとといと、
パソコンにかじり付きで半月ポーチをHPにアップしていました。

仕事を始めるといつもそうなのですが
計画より、3倍くらい時間がかかってしまいます。

約4分の3は終わりましたが、まだ4分の1残っています。
けっこう疲れます。

半月ポーチの裏地

↑今回は裏地を4色使いました。
HPからはメール便(¥160)で送れますのでご利用ください。

さて、ふりかけですが、なぜふりかけで量るかというと、

量りが見つからないんです。
どこを探してもない。

10×15cm×1cmの薄い量りなので、きっとどこかに紛れているのでしょう。

そこで考えました。手量り。

ポーチの重さ

↑右端の「内容量50g」のおかかのふりかけよりは明らかに軽い。
真ん中の「内容量28g」のさけよりも軽く感じる。

ふりかけははあくまでも内容量なので、実際はもちっと思いとして
35gくらいか?

そしたら半月ポーチは30gくらいかなぁ?

すみません、そのうち量りが見つかったら量ります。
重さを気にする人もいないと思いますが。ハハ。

3猫は相当ふりかけが気になってるようですが。



↓ポチっと押して応援お願いします。


↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ





アフロこけし。


A4トートのデザインを考えていたのですが
途中で何となく閃いてしまったもので、、、、。

伝統こけし

↑モニターの写真なのでちょっと暗いですが、こけしです。

これは典型的な伝統こけしですが、
最初は左の顔でしたが、右の顔に変えてみました。

今?日本ではこけしがブームなんだとか。

それに便乗するわけではないのですが、
あらためて、こけしって可愛いなと思ったので、いくつか作ってみることにしました。

で、その製作途中、

アフロこけし

↑被せちゃいました。やっぱり。
ついつい、やりたくなってしまうんですよねぇ。

アフロこけし

↑こっちのアフロの方が似合うか?
ついでに眼鏡も掛けちゃいました。

おっさん顔のこけし

↑あれ〜っ?
こんなおっさん、どこかにいなかったっけ?

カワイイこけし

↑カワイコちゃんです。

メガネこけし

↑へへっ、アフロはナシ。赤い眼鏡、似合ってる〜。

こけし

↑キリリとした、ねえさんです。



↑やっぱり似合うと思った、カウボーイハット。

アフロこけし

↑アフロもいいね〜。

まだまだあるけど、このへんで止めときます。


それにしてもこけしちゃん達、アフロがお似合い。
実際には被せませんよ。欲しいですか?

アフロこけし。



↓ポチっと押して応援お願いします。


↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ







このページの先頭へ