ベトナムお土産ブランド
『サイゴンチェアsaigonchair』

ようやく最初の商品、タオルハンカチが店頭に並びました。
8種類の刺繍があり、ふんわりフカフカ、1枚70,000VNDです。
卸し販売もしますのでご希望の小売店様はご連絡ください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

ベトナム人的、気のきかせ方。

半月ポーチ・うさぎガーデン刺繍

↑半月ポーチの図案から刺繍してもらったのですが
一部、間違って刺しているところがあります。

半月ポーチ・うさぎガーデン刺繍

↑ここ。
元の図案は花がポーチの形の添って切れていますが
出来上がった刺繍は丸い花の形になっています。

この刺繍はとても人気で何度も指してもらっているにもかかわらず
今回はこの結果。

違う人が刺したのか?

ちょっとこれ、私の指示不足ではあるのですが
以前はちゃんと切ってきてましたからね。

ここがベトナムの気の抜けないところでもあります。

次も同じように上がってくるだろうと思うと
必ずしもそうではない。

ちょっと意味不明の箇所は勝手に解釈して仕上げてくる。
17年前に服を作っていたころは
布が足りないと言って裏側に別の布が繋いであったのには驚きましたが。

ベトナムで仕事をされてる方は皆、これの繰り返しではないでしょうか?

一言聞いてくれ、勝手に進めるな。
もう何十回、何百回とつぶやいたと思います。

粘り強くそのたびに修正して、徐々にわかってもらうしかないんですよね。
この先も長く続きそうです。




↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

スタンプ刺繍ができました。

スタンプ刺繍・ボディバッグ

デニムにスタンプ刺繍。

スタンプ刺繍・ボディバッグ

茶系のスタンプ刺繍。

けっこうお気に入りの刺繍です。
布を切り抜いたりと、手が込んでいます。

HPにアップしましたのでご覧ください。コチラ

*エピソードとか書こうと思ったんですが
何も思い浮かばないのでこのままで。



↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

『草むら刺繍』はいろいろ挑戦してみました。



↑草むら刺繍。



↑刺繍の向きを変えてランダムに刺してみました。



↑さらに荒くランダムにしてみました。



↑隙間がみえています。



↑これは違う色でランダムに重ねました。



↑ちょっと私のイメージとは違いましたが
これはこれでありかなと。

草むら刺繍は同じ草がたくさん重なり合っているので
単一な感じでなく、少しムラがあったほうがいいかなと思い、
ミシン刺繍のフンさんに頑張ってもらいました。

これからお客さんの反応を見ながら
どういう方向で刺していくか決めようと思います。

もしかしたらまったくの1点モノになる可能性もありますが
マンネリにならないよう、
いろいろ挑戦していこうと思います。





↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

資料整理中。けっこう可愛いの作ってました。



↑かつて流行ったベトナム雑貨(知らない人も多い)
の下駄サンダルのアッパー。

日本でやっていたアオザイショップ『ティルタガンガ』の頃に
螺鈿の下駄サンダル用にアッパーを作っていました。

下駄とアッパーは別々に発注して日本に届いた段階で
自分で鋲止めして販売していました。

こうしてみると、すべて手刺繍で刺していたんですね。
しかもけっこう可愛い。

あの頃は刺し方などは指定せずに、
図案だけ見せて自由に刺してもらってたんですが
誰が刺してたんでしょうね、上手です。

さすがにパンガンダランでは下駄は作らないと思いますが
ブックカバーか何かに刺すといい感じですね。

余裕ができたら使ってみようと思います。




↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

白鳥の湖ししゅう

前回は「白鳥王子」ししゅうでしたが、今回は「白鳥の湖」ししゅうです。

白鳥の湖ししゅう

モチーフがちょっと「白鳥王子」とかぶってます。
ブルー系のシベリアの「白鳥の湖」。

白鳥の湖ししゅう

色違いで、ちょっと賑やかな北欧の「白鳥の湖」。

白鳥の湖ししゅう

さらに明るい山中湖の「白鳥の湖」。

白鳥の湖ししゅう

今回はすこし荒目の刺し方を指示。
ニュアンスが出て面白い表情になりました。

白鳥って結構使いやすいモチーフですね。
イメージが優雅で物語性があるというか、キラキラ感もあるし。

また使いたいと思います。


●pangan daranのお店はコチラ


↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

空から刺繍/鳥

空から刺繍 グラニーバッグ

ようやく『空から』刺繍ができてきました。

空から田園風景が見えてるようなイメージなんですが
どうでしょう。

こちらにアップしましたのでご覧ください。



↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

北欧シリーズ・リス刺繍

リス刺繍 グラニーバッグ

↑ リス刺繍をHPにアップしました。コチラ

北欧シリーズが続きます。
シロクマ、リスと続来ました。次は鳥です。

お楽しみに。




↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

白鳥の王子刺繍

白鳥の王子刺繍

↑アンデルセン童話『白鳥の王子』刺繍。
写真ではわかりにくいですがキラキラは銀糸で刺しています。

『白鳥の王子』のお話ってご存知ですか?

お恥ずかしながら今回この刺繍を作るにあたって
読みお直してみたらまったく内容を忘れていたことが判明。

イメージしか覚えていませんでした。
白鳥、湖、お城、お姫様、王子さま。。。と

しかもアンデルセン童話なのにそれぞれの人が
それぞれ微妙に違った物語にしてるんですよ。

基本的に王子様は11人なのに7人だったり8人だったり。
お姫様がお城から追い出される理由も同じものは一つも無し。

グリム童話は昔話を集めて作ったものだから内容は多少違ってくるかもしれないけど
アンデルセン童話はアンデルセンの創作ですよね?

こんなにそれぞれ違ってていいんでしょうか?
でも、そもそも原作を映画にする時も相当違うわけだからいいと言えばいいんでしょうね。
そういうことにします。

ところで、お話の中でお姫様が編んでいる「イラクサ」という草、
実家の裏の農道にたくさん生えています。

紫蘇みたいな形ですが葉・葉柄・茎に触れたりすると、ピリッとした凄い傷みを感じるらしいです。
お姫様、よく編み上げましたよね、すばらしい。

今回の刺繍に入れてないので次回挑戦してみます。

●パンガンダランのお店はコチラ●



↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

2色刺し刺繍は難しい。

最近2色刺し刺繍に凝っています。

2色刺し刺繍というのは1つ図案を2色で刺すという意味ですが

空から刺繍 2色刺し

↑失敗例。

鳥を白と黄緑の2色で刺しているのですが
あまりきれいとは言えません。

全体を見渡した時に綺麗な配色になっておらず
ちょっと色が浮いてしまった感じ。



↑これも失敗例。

この2色刺しは刺し後にニュアンスが残って気に入っているのですが
配色が難しい。

1色の時はほとんどうまくイメージできるんですが
2色は今のところ半分失敗する感じ。

失敗すると刺繍のフンさんが全部ほどいて
違う色で刺し直しとなります。

申し訳ない。

何度か失敗するうちに感覚がつかめてくると思うのですが
それまではときどきやり直しが出てくるでしょう。

試行錯誤の日々です。





↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

ツキノワグマ刺繍、4種。

なぜかツキノワグマです。
実物は怖そうなんだけど絵になるとなぜか可愛いんですな。

ツキノワグマ刺繍

↑クマのぷーさんてなに熊なんでしょ?
なんだかとボケた感じが似合うんですよ、クマって。

ツキノワグマ刺繍

↑カフェで休憩。
クマはコーヒーも相当に合う。

ツキノワグマ刺繍

↑色違いでさらに渋くなった。

ツキノワグマ刺繍

↑花鳥風月もお似合い。
自然の中の生き物だからね。

ツキノワグマ刺繍

↑これまた秋色花鳥風月。

ツキノワグマ刺繍

↑ついでに月に向かって、ハオー!

ツキノワグマ刺繍

↑ドスコーイ!

クマってトボケタ感が絶妙に似合う。



↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。
このページの先頭へ