ベトナムお土産ブランド
『サイゴンチェアsaigonchair』

ようやく最初の商品、タオルハンカチが店頭に並びました。
8種類の刺繍があり、ふんわりフカフカ、1枚70,000VNDです。
卸し販売もしますのでご希望の小売店様はご連絡ください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

ベトナムのタイル屋さん。

引越し先の建物は2階建てで、1,2階とも48?ずつあります。



↑ショップになる部屋です。

私はいつもここでアイロンを貸してもらっていました。
右下に「横向きパンダ」が見えてます。

この家は全ての床がこの色です。
年季が入っているのはまだいいのですが、この色はツライ。

ベトナムのほとんどの建物は床材にタイルを使います。
東南アジアの気候風土にタイルはピッタリですからね。

最近では中国から木の床材が入ってきており
店舗などでは木の床を使うところも増えてきました。

私としては当初、木の床を使いたいと思っていたので値段を調べたのですが
タイルと比べるとやはりかなり高い。

結局、木はあきらめてタイルを使う事にしました。

さすがにタイル屋さんはアチコチにあります。
タイル通りもあります。

その中からタイルを選ぶにはひたすら見てまわるしかありません。



↑20件以上回って、たどり着いたのがこのお店。

ポイントは安くて渋い色合いのタイルがあったこと。
そしてなんといっても、英語が通じたことです。

ほとんどのタイル屋さんは英語が通じませんでした。
中には外国人とわかるだけでめんどくさがって
門前払いをする店もありました。

何処のお店でも大体そうですが、
若い人の方が愛想がイイ。わからないなりに付き合ってくれます。

日本でも似たような感じですかね、偏見が少ないのでしょうか?



↑オーナーのMYさん。
いつも遅くに来る私に根気よく付き合ってくれました。



↑ベトナムのタイル屋さんはタイルだけ売ってるところや
内装関係全般を売ってるところまで様々です。

このお店ではタイルのほかにトイレ、洗面台、シャワー、湯沸かし器を購入。

いろいろお世話になりました。

長くなったのでどんなタイルを買ったかは、また明日。




↓改装中の今だけ「住まい」カテゴリーに移動しました。
 ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村



改装が始まりました。



いよいよ、改装が始まりました。

本当は昨日だったのが今日に。

まだ住んでいるベトナム人夫婦の都合だと思うのですが
深くは追求しませんでした。
面倒なので。

私の契約は16日からですから本来はすでに私のモノですが
この夫婦は改装中にもかかわらず、
たぶん1月15日まで住み続けます。

なぜそういうことになるのかと言うと
まったくをもってベトナムらしい事情なのですが、

まず、この夫婦はLe rai通りに面した間口4m4階建ての自宅を持っています。
1等地ですから2億円くらいしますか?

今までその自宅を音響屋さんに貸していました。

しかし今年の8月いっぱいで3年の契約が切れるため
音響屋さんは引っ越すこととなりました。

それがわかった時点でその夫婦は借家を出て
自宅に帰り、1,2階だけ貸し出すことにしました。

そこで私に話が回ってきたという訳です。

ところが最初は、9月からという話が
音響屋さんの仕事の都合で少し伸び、11月と言う話に。

そしてまた、引越し先の準備が整っていないと言う事で
12月15日となったのですが、

ところが決まったにもかかわらず、また延ばしてきたのです。
最終的に2月1日です。

こちらは振り回されっぱなしです。

12月15日と決まった時点で改装計画がすでに立てられていました。

今年は旧正月が1月23日なので
それまでには終われるようにと言うことで12月15日からのスタートとしました。

しかしその場合、ベトナム人夫婦の住む場所がなくなります。

自宅にはまだ音響屋さんが、仕事場を兼ねたこの借家は改装中。

私としては旧正月が終わってから改装してもいいので
2月からの契約でもいいと言ったのですが
夫婦は改装中の借家に住むことを選びました。

夫婦は1月15日に故郷のダナンに帰る予定です。

私は1月15日に引越し。
1ヶ月間は家賃の2重払いとなります。

ベトナムでは予定が遅れることは当たり前で
人々もそれを普通に受け入れているように見えます。

几帳面な日本人にはストレスがたまるばかりです。
慣れるしかないですねー。




↓改装中の今だけ「住まい」カテゴリーに移動しました。
 ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へにほんブログ村

アカシアのテーブル。

前回の白いテーブルに続きまたテーブルです。

今回は作業台を探していたのでピッタリのモノが見つかりました。



↑アカシアのテーブル。
wash anc とあったので古材を作りなおしたものだと思います。



↑まさしく作業台。板を載せるだけの構造です。



↑欧米人が多く住む2区のTao Dien にある『Decosy』.
体育館のように広い店内。

今回は現物がsold out だったのでオーダーとなりました。
サイズも色も替えられますがそのままにしました。
2mあります。

ベトナムはいろいろなものがオーダーできます。
しかもすごく安い。

そのかわり材料の種類も少なく、品質も落ちます。
でもそれなりの知識を持った人なら
かなり面白いモノが作れると思います。

改装するにあたって、いろいろな店に行くことになりましたが
大変だけど面白かったです。

知識が増えると同じ事でもより楽しめますからね。



↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村




賃貸のジレンマ。

ご報告の通り年始に引っ越します。
が、そこはベトナム。予定がズルズルと延びています。

しかもめんどくさい。

何がめんどくさいって言って
ココは日本と違って大家の力が絶大なので

契約が切れたら大家に出て行けと言われれば
出て行かざるを得ない。

この手の問題でかつて泣いた日本人の話は山のようにあります。
最初は優しい普通そうな人でも、お金が絡むと豹変するんです。

たとえば今度の引っ越し先。

家賃は安いけどボロボロ。
当然、日本人としては改装します。住める程度には。

そうするとどんな面倒な事が起こるかと言うと、
契約更新の際に大家が出ていけーと言うかもしれない。

そう、きれいにすればするほどその可能性は高い。

しかも契約は友人のベトナム人の分を引き継ぐことになったので
7月で切れるため、半年ほどしかない。
もし更新できたとしても1年契約。

きれいに改装して半年では割に合わない。
だけど汚いところには住みたくない。

私の作った計画案にその友人はToo muchという。
しかも、最近。
前から全面的に改装すると言っていたにもかかわらず。

私の頭の中ではすでに改装案が出来上がっていたので
Too muchと言われるとそれを削らなくてはいけない。

アレもあきらめて、コレもあきらめてと、、、
アーめんどくさい。

こういう理不尽と言うか煩わしい仕組み?文化?気質?が
何とも面倒に感じます。

でもショップだけはやっぱりある程度きれいにしたいです。

今回の改装は職人さんにお願いするいので
タイル、電気、便器、家具等はすべて私が買わなければいけません。

今月16日から改装が始まります。
とりあえずテーブルだけ買いました。



↑このシンプルなテーブルを2台。
数がなかったので展示品購入。



↑「UMA」買いました。
今回、たくさんのインテリアショップを見ましたが
ココのが一番安くてシンプルだと思いました。

まだまだたくさん買わないといけないのでたいへんです。
買ったものはご紹介しますね。



↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

このページの先頭へ