ベトナムお土産ブランド
『サイゴンチェアsaigonchair』

ようやく最初の商品、タオルハンカチが店頭に並びました。
8種類の刺繍があり、ふんわりフカフカ、1枚70,000VNDです。
卸し販売もしますのでご希望の小売店様はご連絡ください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

アヒルの塩漬け卵。

よく中華系のおかゆに入ってる塩気のきいた茹で玉子。
大好きなんですが、普通にスーパーで売ってるんですね、

先月のベトナムの情報誌『ビナBOO』のタマゴ特集で知ったので
さっそく買ってみました。



↑まっ黒の灰のような土のようなモノにくるまれて
4個で20,700d=¥116

それを水で洗い流すとまっ白なタマゴがでてきます。

はて?これはすでにこのままで食べられるのか?
それとも茹でるのか?

とりあえず殻をちょっと剥がしてみたら生だったので
茹でることにしました。(常識?)



↑ちょっと穴が開いた状態だったので白味が飛び出してきたー。あらら〜。



↑急きょ目玉焼きに変更。
白味は生だけど、黄味は固まってる。

ちゃんと焼いて試食しました。
塩気がきいていて美味しい。目玉焼きも結構いける。



↑あとの3つはちゃんと茹でました。
よく茹でても真ん中はじゃっかん半熟状態。

お味は、、、おいしい!

やみつきになりそうです。



↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

再びドリアンの季節。

暑いです。

ホーチミンもいよいよ本格的な雨期を迎え
ドリアンの季節到来。

ホーチミン ドリアン

↑たまにやってくるいつもの果物売りのお姉さん。
今回はドリアンを乗せてやってきました。

初物ドリアンを一時帰国の前に是非とも食べておきたい、と
さっそく切り分けてもらいました。

この場合、1人だろうが4人だろうが
必ず1つ買わなければなりません。

1人で1つはチョット多いけど
買わなければ食べれない。

ホーチミン ドリアン

↑写真用にハイ、ポーズ。
1つ130,000d=¥720、ちょっと高いか。

でもトロトロでおいしかったですよ〜。
でも多かったので残りは厳重にジップロックに入れて冷蔵庫に。

翌朝食べきりました。

食わず嫌いのみなさん、
この季節にぜひトライしてみてくださいね。




↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。




テトのごちそう。



↑ミシン刺繍のフンさんからいただきました。
テトの間に食べるモノの詰め合わせ。

左奥がバインチュン。
バナナの皮で何重にもぐるぐる巻きにされています。

左前の瓶に入ってるのは大根を煮たもの。
バインチュンと一緒に食べるのだそう。

右奥の白いのは干したココナッツ。
その前はマンカウ(カスタードアップル)の干したの。

14日にバレンタインデーで大渋滞の中
30分遅れて持ってきてくれました。ありがたい。



↑バインチュンの中身は外側がもち米で
中に緑豆、アヒルの卵、豚の脂と肉が入っています。

熱のあるところでは5日、ないところでは10日、
0〜4℃で30日持つと貼り紙に書いてあります。



↑それぞれを皿に盛ってみました。
で、早速食べてみました。

バインチュン・・・おいしい。おなかも膨れるし手間なしでまた食べたい。
大根のつくだ煮・・・おいしい。甘辛でバインチュンのアクセントになる。
干しココナッツ・・・おいしい。甘すぎず柔らかくて健康的なおやつ。
干しマンカウ・・・おいしい。初めて食べました。甘酸っぱい。

どれもそれぞれおいしくて
現在17日ですがすでにありません。食べてしまいました。ハハ。

ほんらいテトに食べるものなんでしょうが
ついつい。

それにしてもベトナムの食べ物ってまだまだ食べつくせません。
まだまだ楽しめますね。




↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

ヤシの実の見分け方。

最近お気に入りの朝食です。



↑青いバナナとヤシの実。

どトロピカルブレックファーストでもいいましょうか
お猿のような南国ならではの朝ごはん。

このヤシの実は果汁を飲んだ後、中の白い果肉もいただきます。
こちらに売ってるステンレスのレンゲを使うとはがれやすいです。

私はこの果肉が柔らかくて透明感があるのが好きなので
まだ青い若いヤシを選んで買います。

黄味がかっているのは果汁は美味しいですが
果肉が硬くておいしくありません。



↑私はいつもこの4区のKhanh Hoi通りで買います。
ヤシの実売りが通りの脇に4,5件間隔をおいて並んでいます。

1個10,000d=¥55

市場のほうが安いですが
この通りは夜9時くらいまでやっているので便利です。

ここで4個くらい買ったらそのまま進んで
川沿いのTon That Thuyet通りまで行き右に曲がると



↑市場を過ぎたあたりにバナナ通りが見えてくるので
そこでまだ完全に緑色をしたバナナを買います。

緑色だけど十分に食べられます。
安いので少しだと嫌がられるので1房(10〜12本)買います。たらーっ

15,000d=¥83

買ったらノルマとして
毎日2本は必ず食べるようにしていますが
外食が増えるとけっこう大変なことに。

朝食も毎日同じだと飽きますからね
いろいろ試しています。




↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

このパイナップルは食べるんでなくて餌なんです。



↑パイナップル2つ。
何の餌かというと、、、、

答え



蝶チョ。

毎年この時期になると日本から友人が蝶チョを捕りに来ます。
写真を撮るんでなくて蝶チョ採集です。

そう、アミを持って追いかけるやつ。

どこで?

ダラットの近くの森の中で。

友人のMさんは蝶チョ屋さんなんです。
蝶チョを捕ってそれの販売を生業としている

世にも珍しい人です。

普通の人にはそんな商売あるの?であります。
あるんです。蝶チョ一筋何十年の達人です。

いつもはマレーシアやバリ島などで捕ったり仕入れたりしてるのですが
毎年この時期はベトナムにやってきます。

そのMさんに今回はパイナップルを
1週間前くらいに2つ買っておくように頼まれました。

熟したころにそれを吊るしてアルコールを吹きかけ
蝶を誘い出すのだそうです。

私も一度ドンナイ省で採集した時には同行しました。
楽しかったです。あんまり捕れなかったけど。
まるで夏休み。

でも地球温暖化の影響かどうか、
蝶は最近ますます捕れなくなってきているそうです。

また各国の動植物に対する規制も強まっているらしく
商売あがったりだとMさんは嘆いています。

去年は毎年同行される老夫婦の奥様のほうが
珍しい蝶を捕まえたようです。

今年はどうでしょうね?

パイナップルがんばれ!





↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

ヤシの実専用包丁。

最近、ヤシの実にはまっています。

ヤシの実

↑ヤシの実、8,000d=¥40。

ヤシの実のふたを開けるにはナタのような包丁でないと無理なので
買いました!

233,000d=¥1,165。スーパーで一番高かったヤツ。

ヤシの実

↑たっぷり果汁が入っています。
まわりの白い果肉も飲んだ後にいただきます。

自分で割ってみてわかったんですが
なかなかきれいに削れないんですよ。

なので削りカスがたくさん散らばっています。

市場のおばちゃんみたいにスパッと割れるようになるには
かなりの年季がいりそうです。

100個くらい割ったらうまくなるでしょうか?

がんばります。




↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

えっ!中がフワフワふさふさの種。

先日、JTBのOさんがお土産でくださって
食べてみたら仰天だったのでブログのネタにしようと、撮ってきました。



↑旬なのでしょうか?最近よく見かけるこの屋台。



↑山積みされた小さな丸いもの。『XAY NGOT』って何?



↑意外と高い。これで40,000d_=¥192。
ちなみにアミダちゃんの身長は12cm(頭髪含む)。



↑これが中を割ってビックリ仰天。

なんとフワフワふさふさなんですよ。

これを口に含み甘酸っぱい、タマリンドのような味を楽しみます。
中は種が入っているのでほとんど食べるところはありません。

でもこんな触感の食べ物ってそうないと思います。

一度食べてみてチョ。




↓ポチっと押して応援お願いします。

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ


フランス料理っておいしいですか?

久々ですがフランス料理をいただいてきました。

ここベトナムはかつてフランスの植民地だったこともあり
フランス料理店も結構あります。

ベトナムのフランス料理

↑比較的カジュアル目の店内。
お昼のランチがおいしくて安いと評判のお店。

女子2人で
とりあえずスープからデザートまでいただいて
200万ドン弱=¥9500くらいでした。

ベトナムの物価からすると法外といってもいいような
お値段。

まー、お値段は置いておくとして、
その内容が、なのですが。

今までの人生においてキチンとしたフランス料理をいただいたのは
両手で数えられるくらいしかないですが

すごく美味しい!
と思ったことがありません。
普通に美味しいと思ったことはありますが。単品では。

あー、フォションの鶉のソテーは美味しかったかも。
他は思い出せない。まったく。

何なんだこれは?
と勝手に考えてみるわけです。

で、導き出したのが

味がオーソドックスで物足りない。のかなと。
  
スパイスや発酵食品に慣れているからなのか?
今日もでしたが、メインになると食べてて飽きてきます。

半分でいい。

理想としてはメインが程良い量で
付け合わせに野菜とかごっそり盛ってあって、
メインと野菜が一緒に食べられるような・・・・・

って書いてたら
あれっ?これって街の洋食屋さん?

なるほど、そもそもあの順番に運ばれてくるのが合わないのか、私。

それに最後に来る、法外な?請求書。
それほど満足してないのに最後のこれで、
やっぱフランス料理はやめとこってなるんですな。

でもまたしばらくすると
ひょっとしたら美味しいのかも?とばかりに
行ってしまいます。

次回は駐在奥様の間でも美味しいと評判の
3Dに挑戦!か?




↓ポチっと押して応援お願いします。

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

アボガド焼き芋サラダ。


すみません、しょーもないですが、

アボガド焼き芋サラダ

↑アボガド焼き芋サラダです。そのまんま。

ホーチミンはただ今アボガドの旬まっさかり。

サイズが年ごとにどんどん大きくなってきているような気がしますが
どうでしょう?

そして余ってしまった焼き芋。

大きさにもよりますが、1本100円くらい。
日本とあまり変わりません。

なんとな〜く合うんじゃないかと思って
混ぜてみたらおいしかった。

他に塩・コショウ・マヨネーズ、からしを加えて
完璧なずぼら料理の出来上がりー。

ここに茹で玉子入れてもおいしそう。




↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

桃はどこ?

以前の記事で雨期といえば

ドリアン、桃、アボガドアイス
と書きました。

ドリアンはすでに3回、アボガドアイスは1回食べました。

しか〜〜〜〜し、
桃はまだ食べていません!

ベトナムのもも

↑すみません、よそから写真を拝借しました。

この直径5センチほどの硬い桃は
雨期の初めのほんの短い間しか出回らないんです。

なのでいつもその時期には注意深く
市場や店先にないかどうか見ているんですが

今年は1度もお目にかかれてないんですよ、これが。

私が見逃しているんでしょうか?
それとも今年は桃が出回らなかったのか?

すでにもう雨期も中盤に差し掛かり、
桃の季節は終わりに近くなっています。

桃、食べたい〜。

見つけた方はご連絡を!




↓ポチっと押して応援お願いします。

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ
このページの先頭へ