ベトナムお土産ブランド
『サイゴンチェアsaigonchair』

ようやく最初の商品、タオルハンカチが店頭に並びました。
8種類の刺繍があり、ふんわりフカフカ、1枚70,000VNDです。
卸し販売もしますのでご希望の小売店様はご連絡ください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

よりによってこんな時に。

さて次の日です。

コンクリートの表面もだいぶ乾いてきました。
この日は汚れた壁の掃除と玄関のドアのカットです。

ところがこういう日に限ってとんでもないことが起こります。



↑壊れて蛇口のなかった水道管から水が流れているんです。
元栓はしっかり締めてあるのに。



↑そのために壁に染みができ
壁を伝ってコンクリートの床の上に水が流れ込んでいます。



↑布で水を吸わせるのですがまったく追い付きません。



↑古い赤いシーツを引き裂いた布を使ったので真っ赤。

ベトナム人は派手な色のシーツが大好き。花柄とか柄モノも。
市場に行ってもすごいハデハデ柄多し。



↑急遽、別の場所で仕事をしていたタムさんを呼び出し
修理してもらう事に。

タムさん、いったん来たもののほっといて帰ろうとするから
絶対今やれ!って強く言ったら納得したみたいで始めました。

なんでこの状況でほっとく?理解できん。
他にどんな急ぎの用事があろうとも、これだけは今やってもらいます!



↑その間、こちらでは壁に着いた汚れをサンダーで落としている最中。



↑コンクリートの厚み分、だいたい5cmくらいこの鉄の扉を削りました。

その時に火花が出てすごかったので写真を何枚も撮ったのですが
なぜか1枚も残っていません。

間違えて捨てちゃったみたいです。残念。



↑この扉は元々ひずんでいてピッタリと閉じてくれなかったのですが
それもあちこち削ってピシャッと閉じるようにしてくれました。

ありがとうございました。



↑この星の飾りはクルクル動くんです。
ちょっとしたアクセントになってます。



↑ものすごい火花を散らしながら削るので
周りの鉄も焦げてきて真っ黒に。

それを拭かないでそのままペンキを塗ってるもんだから
白いペンキがグレーになってます。

できれば何もして欲しくなかった。
やっぱり細部までキチンとはこの国では難しい。

ちなみにこの人たちは日系会社の下請け屋さんです。
監督に日本語が話せるベトナム人が時々来ています。


さて、水道の水漏れ事件もあり、まだ完全には乾いていないので
1週間待ってから次の作業に取り掛かるという事になりました。

次の作業は上から透明塗料を塗る、という事なのですが、
これがまたいろいろあって、

まだまだ床の話は続きます。

ではお隣の猫で一休み。



↑上半身はキリリ、下半身はダラリ。




改装中の今だけ「住まい」カテゴリーに移動しました。
↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村







コンクリートの床。

昨日の続き。



↑砂利と砂とセメントが水で混ぜ合わされコンクリートになっていきます。

ところがこの絶対不可欠の水がたいへんなことになってました。



↑タムさんが蛇口に丸いカランを取り付けようとしたところ
水道管が壊れてしまい蛇口がない状態に。

仕方なく、元の水道管をひねって水を出すことになりました。

タムさん、ほったらかしでいつ直してくれるのかわかりません。



↑この作業の間に大量の水が使われました。
大量の水が流れ込んで5cmほど浸水してます。

お店とキッチンの段差がない上、コンクリートにしたために
厚みが増してキッチンの方が低くなってしまったためです。



↑お店のテーブルとして使おうと思っていた段ボールにくるまれた天板は
急遽、タイルの上に載せて被害を防ぎました。

こんな水浸しの中でも、作業は進みます。



↑入り口付近まで来ました。



↑後は玄関のみ。

これで終了かと思いきや、この後乾くまで待って2時間後に再開。



↑表面をコテできれいに馴らしていきます。



↑だいぶ進みました。

この作業だけで2時間はかかっていたような気がします。

でも彼らのこの努力はあっけなく無駄に終わると言う事を
彼らはまだ知りません。



↑完成。

この日の終了時間、夜中の11時でした。
後は天井の扇風機をフル回転させ、乾くのを待ちます。

ご苦労様でした。

床の話はまだまだ続きます。

お隣の脱力猫で一息。



熱いニャ〜。


改装中の今だけ「住まい」カテゴリーに移動しました。
↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村





問題の床。


なぜ問題の床、かというと

この床だけに1か月以上かかったうえに、
思った通りの仕上がりにならなかったからです。

もしこのブログを読んでらっしゃる方で
建築関係の方がいらっしゃったらアドバイスをいただきたいと思います。

何所をどうすればよかったのか。

では始めます。



↑当初の希望はコンクリート仕上げでしたので
砂が準備されています。

コンクリートは経費節約のため、タイルを剥がさずその上に塗られます。



↑玄関も同様にコンクリート仕上げで。



↑とうぜんセメントも準備されました。



↑コンクリートの下に電線が入るのでチューブを使用。

ところが当初、電気君はチューブでなく壁に使う
白いプラスチックカバーをそのまま延長して使っていました。

いくらなんでも素人の私から見てもそれはないだろうと思ったので
チューブに替えてもらいました。

この対応あってます?



↑三又部分はテープで固定。
日本だったらそれなりの器具があるのでしょうか?



↑いよいよ始まりました。
でもこの人たち、タムさんチームの人ではありません。

実はタムさんはコンクリート仕上げをしたことがなく
不安になり、仕事を降りました。

初めはやってみると言っていたのですが
私があれこれと厳しいので不安になってきたようです。

責任感という点に置いてベトナム人にはまったく期待していないので
あっさりそれを受け入れ、とっとと他を探すことにしました。

そしてピンチヒッターとしてお願いした日系の会社です。

しかし、この会社もコンクリート仕上げの経験はありません。
それでもできるでしょう、という前提で始まりました。



↑砂利が運ばれました。

タムさんは砂利を使わずモルタル仕上げにする予定でしたが
新しいチームは砂利を入れ、コンクリートにするようです。



そのために砂利が運ばれ、セメントの分量も7袋増え
その代りに大量の砂が余りました。

砂利が入ったため厚みがモルタル仕上げの倍になり、
玄関のドアが閉まらなくなるため、それを削る作業も付け加わりました。

建築の仕事は人によってやり方がいろいろあるようです。
とにかくとりあえず始まってよかったというのがこの時の感想です。

まだこの時にはこの先に起こるいろいろな事を
想像できませんでしたから。



↑お隣の猫で一息。
おかあさんです。お腹パンパンでだるそう。


改装中の今だけ「住まい」カテゴリーに移動しました。
↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

お店の照明


白く塗られた壁に照明器具が取り付けられました。



↑2本のレールにそれぞれ9個ずつスポットライトを取り付けました。
窓の下にも2つ付けました。



↑1階はエアコンを使わないことにしたのでLEDにしました。

この中国製の9W照明は65,000d=¥2600/個ですから
他のタイプと比べるとかなり高いですが涼しさ抜群。

熱い南国にこそ、LEDはピッタリです。

当初、棟梁のタムさんはレールを吊るすためのワイヤーを知らなかったので
パイプを溶接して吊るそうとしていました。

それに待ったをかけ、ワイヤーを使っているお店に
実物を見に行ってもらいました。

それでわかったのですが、ベトナムでは天井が高いくせに
電気を直接天井に取り付けてあるお店ばかりだと言う事に気付きました。

アチコチ回ってもワイヤーで吊るしてある照明は1箇所だけでした。



↑骨董通りで買ったペンダントライトは奥ににぶら下げました。

左のライトのコードは当初黒だったのですが
吊るしてみたらやたら目立ったので、透明色に替えてもらいました。



↑やっぱり照明は電気を付けた時が綺麗です。



↑全部付けるとものすごく明るくなります。
つけすぎました。

明日はいよいよ問題の床にいきます。



改装中の今だけ「住まい」カテゴリーに移動しました。
↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

お店が白く塗られていきます。




↑以前はアトリエとして使われていた、お店部分。



↑まだその家財が残っている状態で壁を塗っていきます。



↑左側の壁に取り付けられていた、木の板を剥がした跡が見えます。。

この板の再利用は大正解でした。
クオリティーは大目に見ときます。



↑木枠の部分は使用するペンキの種類が違うので残してあります。



↑空気穴の部分は素焼きのテラコッタ色のままでしたが、
それもすべて白く塗りつぶしていきます。

壁の色と一緒になるとレリーフのようで美しい。



↑とりあえず白く塗られた状態。スッキリしました。

ここから照明を変え、床を変えていきます。

今日はここまで。




改装中の今だけ「住まい」カテゴリーに移動しました。
↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

放置してないけど整理してない棚。


材料・在庫用の大きなスチール棚を4つ買ったことは
すでにお伝えしました。

本来であればその4つの棚にはぎっしりと材料・在庫が
収まっているはずなのですが、

まだスカスカです。



↑空きが目立ちます。



↑布・革用の棚もまだまだ。

ストックはたくさんあるのですが、未だに段ボールの中。



↑4区にオープンした「INDEXモール」で購入。

4階まである大きなインテリア雑貨屋さんですが
商品はすべてタイからの輸入品です。

1箱129.000d=¥516なのがキャンペーンのため
109.000d=¥436になっていたので大量買い。

だってお店の人がその日でキャンペーン終了だっていうんです。

これは急がねばと思い、1箱だけ買って急いで家に戻り、
棚に合うかどうか確かめてからの大量買いでした。

が、しかし、

3週間後に行ったらまだキャンペーンやってた!
ベトナム人の言う事はどこまであてにならんのじゃ〜!!!!

フーったらーっ

そんな訳で大量買いした箱は
未だにこうして部屋の隅に積み上げられています。

買ってから気付いたのですが



↑この箱 Made in Thailandですが日本のメーカーなんです。

どうりで無印良品ぽい、すっきりしたデザインになってます。
ベトナムにもぜひ進出して欲しいものです。

この箱をきれいに棚に収め終わったらまたご報告します。




改装中の今だけ「住まい」カテゴリーに移動しました。
↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村




2カ月放置の冷蔵庫。


全ての改装は2週間前に終わっています。

でもその後の片付けが、いっこうに進みません。



↑1月の初めに買った冷蔵庫。electraxにしました。

まだベトナム人夫婦の洗濯機が置かれています。



↑2月後半。まだ箱に入ったまま。

スタビライザー(電圧安定器)がまだ設置されていません。



↑今日。未だ箱に入ったまま。

いったいいつになったら箱から出せるのでしょう?

この改装は想像以上に時間を取られました。

何しろ一つの物を買うのに何処に売っているのか
街中を探して回らなければいけません。

そして何件か回り選択します。

ベトナムはお店によって価格が大きく変わるので
1件だけでは決められません。

そして改装中も突然何をされるかわからないので
(白く塗らなければいけないところを黒く塗る)
常に見張っておかなければなりません。

さらにその合間にもバッグ作りの職人さん達の仕事が途切れないように
常に新しい材料を準備しておく必要があります。

そんなこんなでまったく余裕がありませんでした。

1週間前にショートのくせに3か月も放置していた髪を切ったところ
会う人会う人皆、「髪切ったね」といってくれます。

最近ようやく少しだけ余裕が出てきました。
冷蔵庫の箱が外せるのもそろそろでしょうか。

冷たくて硬くなったチョコレートが食べたい。



改装中の今だけ「住まい」カテゴリーに移動しました。
↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

このページの先頭へ