ベトナムお土産ブランド
『サイゴンチェアsaigonchair』

ようやく最初の商品、タオルハンカチが店頭に並びました。
8種類の刺繍があり、ふんわりフカフカ、1枚70,000VNDです。
卸し販売もしますのでご希望の小売店様はご連絡ください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

新作の『ガーデン刺繍ハンドバッグ』登場。

新作の『革コンビ・ガーデン刺繍ハンドバッグ』が出来ました。
シルクタフタ生地に刺繍の色がきれいに調和しています。

『ガーデン刺繍ハンドバッグ』

横幅43?なのでパーティーバッグとしても使えますし、
デイリーユースとしても使えます。

作り始めてから何度もやり直して半年でようやく出来上がりました。
今までのものと少しラインが違うのでバリエーションが出来ました。

写真がたくさんショップHPに載ってますので
メニュー欄の<◎新作>を開いてごらんください。

日本での発売は11月になる予定です。






↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

出し惜しみ、刺繍バッグ。

昨日の<刺繍先生の刺繍>の全体判です。



まだ全体の1部ですが、こんな感じの刺繍画です。

刺繍バッグショップ『パンガンダラン』では
一つのイメージにこだわらず、いろいろなタイプの刺繍に挑戦していきます。

明日はいよいよ?この刺繍を使ったバッグが登場します。




↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

美しすぎる、先生の刺繍

実際のサイズより4倍くらいに拡大しています。



とても美しく刺せています。

手刺繍をお願いしているPhuフーさんは刺繍学校の先生です。
刺繍のうまさを見込んでお願いしました。

刺繍は同じように見えて刺す人によってずいぶん違います。
何度やりなおしてもらっても刺せない人もたくさんいます。

ここまできれいにさせる人はそういません。

しかし、フーさんだけに頼むわけにもいかず他の人にも頼みますがやはり違います。
どの人も一定の基準は保っていますがフーさんのバッグに当たった人は幸運です。

手作りのため、商品に多少ばらつきがありますのでご了承ください。





↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ないから使えないハトメ

タイトル通りです。



この<小判ハトメ>はカバン・バッグを作る者にとっては基本です。
その基本がベトナムにはありません。
アンティーク色だからというわけでなく、型がありません。

そうなると当然持ち込みです。打ち具といっしょに。打ち具がまた重い。

私がアジア衣料・雑貨を作り始めた14年前には
接着芯は不織布タイプのものしかありませんでしたが、今では大抵揃います。

金具もあと10年くらいしたら揃ってくるかもしれません。
神様!




↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

チャコ消しと化学ノーベル賞

あっても使えないシリーズ?第3弾。
あっても使えないチャコ消しです。



写真下のチャコ消しペンは、前回8月に帰国した時に購入したものです。

上のブラシは手刺繍をお願いしている、Phuフーさんに手渡された
フーさんがいつも使っているチャコ消しブラシです。

フーさんはこのブラシに除光液とガソリンが混じったような液をつけ
シャカシャカとチャコ跡を掃除していきます。

が、消えません。かなり時間をかけても消えません。

ところが、この日本製のチャコ消しペンはさっとなどっただけで
消えます。

まったく違います。
化学ノーベル賞をとる国はやはり違います。

実はスプレー缶のシミ取り剤も持ってこようとしたのですが空港で没収されました。
船便ならいいそうです。

いつか、大工場で使っているバキュームスプレーでプシューってやる
(そういう機材があります。)シミ取り剤を使ってみたいです。





↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
このページの先頭へ