ベトナムお土産ブランド
『サイゴンチェアsaigonchair』

ようやく最初の商品、タオルハンカチが店頭に並びました。
8種類の刺繍があり、ふんわりフカフカ、1枚70,000VNDです。
卸し販売もしますのでご希望の小売店様はご連絡ください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

革の展示会に行ってきました。

先日、7区であった「革の見本市」に行ってきました。



↑その前にカフェ「Bancy」で腹ごしらえ。
スコーン好きの私としては嬉しい、スコーンセットは75,000dでした。



↑窓が大きくて気持ちがいい。ショウコの帽子も買えます。

■Cafe Bancy
035 Nguyen Van Linh, ward tan Phong, Dist7

さて、小腹を満たして「国際展示会場」へGO !



↑会場内はこんな感じ。
この革の展示会は毎年行われていますが、私は今回で2回目。

前もこんな感じでした。
ブースがあまってて、人のいりもそこそこくらい。



↑型にゴムを流し込んで固めているところ。



↑大きなレーザー台に革を載せ瞬時に切り抜いていくところ。


私としてはバッグ関係の業者さんを見たかったんですが
ほとんどが靴の業者さんと、機械でした。

でも人だかりのしているところで実演しているのを一緒に見ていると
けっこうおもしろいんです。

すごいねー、機械って。みたいな。

革屋さんも前回同様にタイやインド、パキスタンなどから来ていましたが
ロットが、、、、。

1000枚は多すぎる。
1000枚って牛1000頭分のことです。そう思うとすごい数でしょ?

ということで今回も見ただけ―、でした。

では最後に毎年恒例なのでしょう。
どこのどなたが作られているのか存じませんが
紹介せずにはおれません。



↑ゴ、ゴージャス〜。



↑発想が人並み外れてる!



↑蟻が集まってくる〜。



↑やっぱ、エコでしょ、自然でしょ。



↑どうやって歩く?

以上でした。
来年もあったらまた行ってきまーす。


●お知らせ●
8月24日までパンガンダランお店でセールしてます。
全品20%オフ。一部50%オフです。




↓ポチっと押して応援お願いします。

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

革をオーダーしました。


前から使っていた黄緑色の革がなくなり、薄いベージュ色がなくなりと
明るい色の革がなくなってきたら
何となく全体が地味〜になってきたような。

そこで思い切って明るい色の革をオーダーすることにしました。

革のオーダー

明るいでしょ?

こういう色の革はなかなかストックしてなくて
オーダーしないと出てきません。

だいたい2〜3週間で出来上がってきました。
染め具合もなかなか良く、革も大きくて質がいい。

が、しかし!、、、、高い!

なんといつもの革の9割増しのお値段。
ほぼ倍ですよ。どーしますか?こんな高い革買って。

はー、この革代を商品に転嫁するわけにはいかないなー。
はー、完全な自己満足ですね。

値段のことさえ気にしなければ、楽しく作業できそうです。ハハ。

最後にこの黄色と青の組み合わせは

革の色

↑いつも座っている座布団の組み合わせと一緒ですね。
頭の隅に残っていたのかなぁ?





↓ポチっと押して応援お願いします。

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

おばちゃんは100個って言った。

先日、チョロンの手芸市場へ行ってきました。

ブローチピン

↑ブローチピンです。
刺繍ブローチを作ろうと思ったので。

あいにく欲しかったアンティーク色はなく
しかもこの1種類しかありませんでした。

でも普通だし、表から見えるところでもないし、
何より安い(安すぎて値段を明かせません)。

このブローチピンは1種類ですが
微妙に大きさの違うのがあったので、2ヵ所で購入。

で、ふと思い立って数えてみたんです。

ブローチピン

↑最初に買ったお店の。
ぴったり100個ありました。

ブローチピン

↑2件目の。おやおや、2個足りない!

ブローチピン

↑やっぱり2個足りない!
おばちゃんは100個って言ったのに。

たぶん、最初のお店のは工場から出てきたみたいに
キチッとシーラーで閉じられていますが、

2件目のはホチキスで閉じてあります。

これは数えて詰め直した感があります。
目方で詰めたかも。

という事は、ひょっとしたら102個入ってるのもあるかもしれません。
かも。

キチッとしたい人はシーラー止めのがおススメ。




↓ポチっと押して応援お願いします。


↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

小判カン。と食い逃げ。


先日のギボシですが、同じものがありました。
さすが日本!何年経っても注文できます。

小判カン

↑小判カンも注文しました。新しい型に使います。

他にも前から使ってる金具も追加注文しました。

パンガンダランでは金具は全てアンティーク色を使っているので
これらの注文した金具総てをまとめてメッキに出すそうです。

納期がゴールデンウィークを挟むので
5月中旬〜下旬と言われたところを

無理を言ってベトナムに戻る前日の
15日までに仕上げてもらえることになりました。

日本で間に合いますと言われたら、ほぼ100%間に合うでしょうから
一安心です。

と、書いていたら、、、、、電話が。

Fさん:「あのー、今データムとチャンフンダオの間の
     フーテウ屋さんにいるんですけど。」

私  :「うん、そこ知ってるよー。」

Fさん:「あのー、お財布忘れて出られないんですけど、、。」

私  :「わかった、今行くね。」


そのフーテウ屋さんは家から歩いて70mほど。

フーテウ屋

↑すっかり食べ終わったFさん。

お店の人に監禁されていた模様。
誰かがお金を持ってくるまでは帰れなかったみたいです。

それにしても厳しいですね。
以前同じような事があったのでしょうか?
外国人なのに!?

家族経営のお店だったりすると大目に見てくれるかなぁ?
たぶん。


コレが最果ての地だったらたいへんな事でした。
ブログネタにはなりますが?

皆さん気をつけましょう!




↓ポチっと押して応援お願いします。


↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

ギボシ


5月に日本へ一時帰国するので
それまでに実家に材料が届くよう、昨日発注しました。

ギボシ

↑ネジ式ギボシです。

ギボシ

↑直径10ミリ。

ギボシにもいろいろあるので、
こうやって手持ちのものを写真に撮ってメールに添付しました。
(品番がわからないので)

すると、問屋さんからの返事が
「各部分のサイズを教えてください。」とのことでした。

ギボシのサイズ

↑こうやってそれぞれのサイズを計って知らせましたが
果たして同じものがあるでしょうか?

かれこれ6〜7年前に買ったものですから、どうでしょ?

このネジ式ギボシはベトナムにはありません。
かばん作りには基本の金具なんですけどね。



↑新しい型のバッグにこうやって使います。
コレは今、私が愛用中のサンプル。

すっごく使いやすいです。(チラ見せ)

今日は中途半端な気分で終わります。




↓ポチっと押して応援お願いします。


↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ



はとめ・ハトメ・鳩目

両面ハトメ

↑はとめ・ハトメ・鳩目です。

職人さんに材料を渡す時は
ハトメも全て数えて、打ち具もそろえて渡します。

両面ハトメ

↑日本製の両面ハトメはやはり見栄えが違います。

また、日本製の打ち具はすごく精巧に作られているので
ベトナム人の職人さんにとっても扱いやすいと思います。

それでも100個に2個くらいは余分に渡していますが。

このようにカシメ・ハトメ・マグネット・ファスナーなど
数えられるものは、数字がはっきりしていていいのですが

革や布などは使った分量があやふやで
相当キッチリ管理しないと不安です。

革や布は在庫票を作って使った分だけ塗りつぶすようにしているのですが
それでも100%とはいきません。

しかも仕事の中でその作業が一番億劫です。
あいまいだから億劫になるのでしょうか?

う〜ん、そうでもないか。
事務的な作業が好きではないんですね、やっぱり。

このハトメを数える作業は好きです。
事務ではないので。

千でも万でも数えます。
億はちょっと飽きるかな。



↓ポチっと押して応援お願いします。


↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

●革の持ち手、入荷。

大きいポーチと小さいポーチ用に
革の持ち手が入荷しました。

革の持ち手

↑幅15ミリ、40cmと110cmがあります。

裏表ともに表革の持ち手

↑幅7ミリ24cm。小さいポーチ用です。

表革の持ち手

↑ナス管がニッケルのタイプ。
半月ポーチに使おうと思っています。

よくいろいろなところで革の持ち手が売られていますが
ほとんどが1枚革で裏が表革になっていません。

でもパンガンダランの持ち手は
裏表ともに表革なのでひっくり返っても大丈夫です。

革の分量も2倍、手間暇は3倍かかります。

でも長〜く使える革の持ち手なので
裏表ともに表革の方が断然使いやすいと思います。

大きいポーチ

↑大きいポーチは持ち手を付けてほしいという声が
すごく多かったので一安心しました。

ポーチバッグ

↑不思議な事に、革の持ち手を付けた途端に
ポーチからバッグになりますね。

小さいポーチ

↑小さいポーチも
ちょっとしたお出かけが出来るようになりました。

天使のソランちゃん

↑天使のソランちゃん。

遥かかなたの宇宙

↑ソランちゃんの裏側は、遥かかなたの宇宙。

革の持ち手ショルダーバッグ

↑完全にショルダーバッグになっています。

この長い革の持ち手だけは別売ですが
他の短いのはそれぞれのポーチに付属しています。

今までポーチをお買い上げくださったお客様には
おっしゃっていただければ差し上げます。

面倒ですがお店までご来店ください。
よろしくお願いいたします。




改装中の今だけ「住まい」カテゴリーに移動しました。
↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村









ハサミを落としました。

以前ハサミが切れなくなったので
ベトナム製の重いハサミを買ったお話をしました。

しばらくそれを使っていたのですが
帰郷の際に日本製のハサミを買ってきました。



↑今回もクローバーのハサミ。
名古屋の松坂屋デパートで買いました。

さすが日本製のハサミだけあって使いやすく、
ベトナムに戻って1カ月はこのハサミを使っていました。

ところが、ガ〜〜〜〜ン!
落としてしまいました。

ベトナムの床はタイルなので硬いんですよね。
案の定、切れなくなりました。

1カ月、、、、短すぎました。

次の帰国はまた1年後です。
それまでベトナム製のハサミを使います。

日本製は日本でハサミ修理に出してまた使うつもりです。

1カ月、、、、とは悲しい。




改装中の今だけ「住まい」カテゴリーに移動しました。
↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

エアー緩衝材。


エアー緩衝材をバスタブ一杯分、いただきました。



↑この量を「バスタブ一杯分」と表現するようです。



↑長方形の緩衝材が延々と繋がってとぐろを巻いている状態。
ミシン目が入っているので何処でも切れます。

先日ちょっとしたご縁で
荷造りひもをこちらで作っている方とお知り合いになりました。

私がその会社のカタログをみながら
ポツリと「コレ欲しい」とつぶやいたところ
早速作ってくださいました。



↑バッグの中身に最適なんです。
ベトナムにはこういうおしゃれなのが売ってないですからね。

さっそくこの「バスタブ一杯分」をどんどん詰め替えました。



↑詰め替えた跡のゴミの山。
う〜ん、もうちょっといいモノ詰めたいんですが、、、。


Mさん本当にありがとうございました。




改装中の今だけ「住まい」カテゴリーに移動しました。
↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村


日本製マグネット入荷。


日本でバッグを作っていらっしゃる方にとっては
当然のことですが

ここベトナムには日本製マグネットは売っていません。

バッグの金具は市場で仕入れるのですが
とにかく種類がないし、質が悪い。

そんな訳でパンガンダランのバッグには
ほとんど日本製が使われているわけですが

申し訳ありません、
マグネットはまだでした。

ベトナム製のマグネットは、いかんせん磁石が弱い。

前から気にはなっていたのですが
それはそれでありかもと、使っていたのですが

お客さまからの要望もあり、
今回から日本製を使用することにしました。

とりあえず1000個だけ購入し、
そのうち100個は「パンダのバッグ」に使用するため
急遽、ベトナムに来る友人に運んでもらいました。

「パンダのバッグ」はご予約もいただいているため
早く仕上げたかったのですが、このマグネットが到着するまで
保留にしてありました。

そしてその念願の日本製マグネットが昨夜手に入ったのですが

今度は保留の間、職人さんに別の仕事が入ったらしく
仕上げが出来るのは来週からとなりました。

こうやってどんどん納期が延びていきます。

いつになったら出来上がるんでしょうねぇ?

日本製マグネット

↑日本製マグネット。
このキチンと箱に納められたたたずまいがホッとする。

何もかもが美しい日本製。




改装中の今だけ「住まい」カテゴリーに移動しました。
↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村










このページの先頭へ