ベトナムお土産ブランド
『サイゴンチェアsaigonchair』

ようやく最初の商品、タオルハンカチが店頭に並びました。
8種類の刺繍があり、ふんわりフカフカ、1枚70,000VNDです。
卸し販売もしますのでご希望の小売店様はご連絡ください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

イタリア製の照明。


照明はたくさん買いましたが、
1Fの革張りのドアの上にもう一つ欲しくなったので
また同じお店に行ってきました。



↑同じのが2つあったのですが、1つだけ購入。



↑例のごとく現品限りですから壁から外すと跡がクッキリ。

無駄かなっとも思いながら値段交渉をすると

店主のおばさんがメーカー名を刺しながら
「これはイタリア製だから高いんだ。」と一歩も引かず。

本当かな?とも思いつつ、結局言い値の350.000dで購入。



↑おばさんの言うイタリア製を調べてみると、
イタリア製ではなくドイツ製でした。

HPでは当然こんなレトロなタイプはもう売られていませんでした。



↑でも以前買ったこのタイプは売られています。
お値段5,55ユーロ。

5.55€って安くない?
私が買ったのは¥1776だったけど、それよりかなり安い。

けっこう大きいのに5,55€って?
うーん、よくわからないので次に行きま〜す。



↑キッチン側に取り付けられました。



↑このちょっと仮面ライダーぽいガラスはかなりぶ厚いです。



↑角度を変えて、と。



↑先日電球を買いに行くと隙間が埋まっていました。



↑最近の新しい照明ですが、まったく魅力がありません。

このお店の壁も次第に新しい照明に替わっていくんでしょうね。
切ない。

今回、照明を探すにあたって
かなりの数の電気屋さん(1区、2区、4区、5区、7区)に行きましたが

欲しいと思うモノは此処と骨董通りにしかありませんでした。

このお店のレトロな照明は私が買ってしまいましたから
もう他にはないと思います。

ラッキーだったでしょうか?

でもこのお店、やっぱり高いんです。

買った電球は20,000dでしたが、
同じものが別のお店では5,000dでしたから。

やっぱりちょっとぼられたかもしれません。
でも満足しています。




改装中の今だけ「住まい」カテゴリーに移動しました。
↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村












ベトナムのドアノブ屋さん。


先日、革張りのドアの話をしましたが
あのドアはまだ完成していません。



↑まだドアノブが残っていますから。

今回は側面に入れる部品が丸いかどうか確かめて買うようにします。
私も少しづつ学習しています。



↑2階の3か所のドアノブはすべてこのお店で買いました。



↑この店員のおばさんが接客してくれたのですが
このおばさん、すごく接客上手で
まんまと高いドアノブを買わされてしまいました。

安いドアノブが160,000d=¥680で買えるとすると
私が買ったのは1,200,000d=¥4560もしましたから。

どこが違うのかよくわかりませんが、
やっぱりセキュリティーが心配なので、ついつい。



↑店内はこんな感じ。



↑イタリア製の高いモノはこうやって並んでます。

本当は縦長でロックが下についているのが欲しかったんですが
家についているドアの穴が総て丸いため取り付けられません。



↑電気屋さんと同じく隙間なく並べます。



↑古かろうが、汚かろうが、そんなことはお構いなしに
とにかく並べます。

隙間なく。




改装中の今だけ「住まい」カテゴリーに移動しました。
↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村





本棚も届きました。

タンスと一緒に本棚も届きました。

タンスも本棚も2階に置かれるのですが、
本棚だけ組み立てられた状態で届いたので

分解して2階に運び、再度組み立てることになりました。



↑窓枠の長さと同寸で作ってもらいました。



↑天版の上でアイロンをかけたいので
天版だけ10cmはみ出ています。



↑上の段だけ可動式。

でも真中のスペースが左右より少しだけ長いため
板を左右に移動させることができません。

図面を描いて渡したのですが
もっとわかりやすく書きこんだほうがよかったですね。

3つとも長さが一緒で、可動棚はどのスペースでも使えるようにする、
と念を押しとけばよかったです。

この本棚もマジックで印を付けたり
中心線に沿って小さな穴があいてたりしますが、良しとします。

これでだんだん荷物が片づいていきます。

まだ大きな本棚が2ついるのですが
やらなければいけないことが山積みで、オーダー出来ていません。

未だに段ボールが積まれています。
フーったらーっ

この左右160cmの本棚のお値段は2,600,00d=¥9880なり。



改装中の今だけ「住まい」カテゴリーに移動しました。
↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

タンスが届きました。

オーダー注文していたタンスが届きました。

普通5日ほどで出来上がるのが、
旧正月を挟んだため1カ月かかってしまいました。



↑いつもお店にいたお兄さんが組み立ててくれます。



↑次第に出来上がってきました。



↑あとは扉だけ。



↑出来上がり!



↑私の買ったハンドルもちゃんと取り付けられました。



↑引き出し2つにも同じハンドル。



↑中にも鍵をかけられる引き出しがあるのですが
ここにはお店の人が取り付けた持ち手が。

これじゃあ、あまりにも、、、と思って、



↑普通のに替えました。落ち着いた。



↑外側は普通のタンスですが
丸くカットされた鏡や鏡を支えている金具はやっぱりベトナム風。

しかもあちこちにマジックで印が付いていたり、
センターラインに点線状に穴があいていたり、

日本だったらクレーム殺到状態のタンスです。

でもOK。
そのくらいでクレーム言ってたら身が持たない。

オーダータンス、5,600,000d=¥21,000
ほぼ想定内で大満足です。

これで洋服が片づく。うれしい!



改装中の今だけ「住まい」カテゴリーに移動しました。
↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
















革貼りのドア。


ショップとキッチンの間に210x100cmという大きなドアがあります

このドアはとても古く、中は空洞のべニア張りです。

そしてすでにべニアの部分がボロボロで
そのままではペンキを塗ることさえできません。

棟梁のタムさんはまずべニアの表面に貼られている木の皮を取り除きました。



↑木の皮を剥がしているところ。下に剥がした皮が散乱しています。

その上から石膏で補修してペンキを塗る予定だったのですが
塗った後でボロボロはがれてきます。

そっくりこのドアを新しいモノに差し替えるのは簡単ですが
その前にこのドアを生かす方法はないものか考えました。

そして思いついたのが壁紙。



↑壁紙を張ることにしたので
まず壁紙屋さんが貼る現物を下見に来ました。

そしてその場で作業を開始。



↑ベニヤの表面を機械やらサンドペーパーやら砂やらで
平らにして補強していきます。

この作業、タムさんチームとはうって変わってきめ細かい。
この2人は家具の職人さんらしく、道具さばきが的確。

久々にプロの技を見た気がしました。



↑へこんでいる部分を砂で埋め、接着剤で固めやすりをかける。

すっかりきれいに平らになったドアを取り付けてみたら
ペンキを上塗りした分、ドアが閉まらない。



↑そこでドアの側面を機械で削りました。削り跡が美しい。

今日の作業はこれまで。明日は壁紙張りの職人さんが来ます。
だいたい30分の作業で250,000d=¥937。
ベトナムとしては高いかな。

さて次の日。
朝、1階に降りてきてビックリ!

何とトアン君がドアにペンキを塗っている最中。

「ストップ!!!!!!」
力の限り叫びました。

なんで勝手にする?聞いてくれ〜。



↑そんな訳で少し白く色付けされたドアに壁紙が貼られていきます。



↑壁紙に糊を塗って、



↑右側を貼り合わせていきます。



↑もたもたしていられません。一気にシャカシャカいきます。



↑シャッシャッ、シュッシュッ。



↑出来上がり。
ショップ側はブラウン、キッチン側は白のドアの完成。



↑「SKINシリーズ」から革を選びました。

この壁紙はロール50cmX12mで60$です。
ものすごく高いですが、工事費込みなので楽です。

まだ6mあまっているのでどこかに使おうと思います。

どんどん材料が溜まっていきます。




改装中の今だけ「住まい」カテゴリーに移動しました。
↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村








2階から冷蔵庫が落ちてきた?

2階から冷蔵庫が落ちてきた?
の真相はコレ。



↑ひもで縛っているのは2ドア冷蔵庫。
ドアが開くのを防ぐため、なんとセロテープで止めてます。



↑それを持ちあげて、



↑2階のベランダから落とす!
下ではそれを受け取る人が待ち構えています。



↑無事到着。
すでにクイーンサイズのマットレス2枚は降ろしてあります。



↑タムさんのドヤ顔。



↑他にもこういった荷物が次々と、



↑こうやって降ろされていきます。



↑こんなだった荷物が



↑ようやくこのくらいに。

この家は2階と1階の通路が狭いらせん階段しかないため
大きな荷物はこのベランダから運ばなければなりません。

そのため、2階には組立家具か小さくて軽い家具しか置けません。

そんなに狭いわけでもない家なのに
なんで狭い螺旋階段しかないいんでしょうね?

その計画性のなさが、これまたベトナムですね。

後で苦労するんだけどな〜。



改装中の今だけ「住まい」カテゴリーに移動しました。
↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

魔法の補修材ラナパー。


パソコン用に椅子を買いました。

ベトナムの椅子

↑一見シンプルな何でもない椅子ですが、、、、、
買わなきゃよかった。

家具屋通りで売られていたんですが
いつものごとく、店頭にあるモノしかないと言われました。

450,000d=¥1665だったので
シンプルだし安いしまっいいか、と思って買ってしまいました。

でもベトナムの店頭商品てソートー汚い。

キャスターにゴミやらが絡まっているし、埃まみれだしで
掃除に1時間かかりました。

そのうえ店頭では気付かなかったのですが
黒いはずのプラスチックの足がすでに白い!

日本だったら完璧な中古商品で何百円の世界。
買ったばかりなのに捨てたくなりました。ポロリ

でもせっかく洗ったし、今、イスないし。

で、ダメもとで思いついたのが「ラナパー」。

ラナパー

↑このナチュラルなクリームは
いつもバッグの革部分の仕上げに使っています。

これがひょっとしたらプラスチックにも使えるかもと思い付き
塗ってみたら蘇った!

新品とは言えませんが、遠目にはOKになりました。

嬉しい!ラナパー最高!(何も貰ってません)

他にもなんちゃって箇所がありましたが直せるものは直しました。

ベトナムの椅子

↑プラスチックの繋ぎ目がボロボロ。

ベトナムの椅子

↑カッターでこそいだら美しくなりました。


それにしてもベトナムの買い物はいつ何時も気が抜けません。
買う時も疲れるけど、買ってからも疲れます。

体力、気力がいります。




改装中の今だけ「住まい」カテゴリーに移動しました。
↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

初めてのドアノブ交換。

2階のドア3か所、ベランダと寝室とバスルームのドアノブを交換して欲しい
と依頼していたら2か所を間違えて取り付けられました。

直すように言っておいたのですが
いつまでたっても直す気配が見えないので業を煮やし、とうとう自分でしました。



↑寝室のドア。
かなり年季が入ってバリバリと表面が剥けています。



↑このドアノブはたいへん危険でして

鍵の掛けられないドアノブなので間違えて寝室側からロックして廊下に出ると
2度と寝室に入れなくなってしまいます。

本来はトイレなどにつけるためのドアノブです。



↑ドアノブ交換の技はインターネットで調べました。
ネットってすごい!

ネットがなかったらずーっと取り付けてくれるのを
待たなければいけないところでした。



↑全部外すとバリバリの穴が見えてきました。



↑穴が丸いのにこの鍵は先が四角。
カッターで穴を四角く削ろうとするも硬くてはが立たず。

壊れかけてるドアをいいことに無理やり突っ込みました。
ひび割れが拡大したかも。
ベトナム人技を使用。



↑バリバリの穴に対処するため
ドアノブ屋さんで鉄板を一緒に購入しておいたので
きれいに取り付けられました。



↑当初ドアノブは彼らが購入することになっていましたが
その仕事ぶりを見守るにつれ

自分で買わねばという思いに至りました。
彼らは絶対鉄板なんて使わないし、1番安いのを買ってきますから。



↑続いてバスルーム。



↑なぜかどこかにあった古いドアノブが付けてあったので錆び錆び。



↑このプラスチックのドアもバリバリ。



↑なぜか逆向きにつけられていた鉄板も直して
きれいに出来ました。



↑奮闘の後。

ドアノブ交換簡単ですね。
早くやっときゃよかった。彼らがやるより数倍きれいだし。

あーおもしろかった。



↓改装中の今だけ「住まい」カテゴリーに移動しました。
↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村













なんちゃってコンセント。

気付いてしまいました。



↑???
普通右側がONでしょ?

これはベトナムでは左側がONという訳ではありません。
右がONになっているものもあります。

ようするにバラバラなんです。

ここまで来ると溜息しか出ません。ハーっ。



↓改装中の今だけ「住まい」カテゴリーに移動しました。
↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

ゲッ、鼻毛が真っ白に。

1階のショップの入り口を白のペンキで塗っているのですが
エアブラシを使用しているため室内が真っ白に。



↑白く煙っているのがわかるでしょうか?



↑内側のガラスの入った観音扉は刷毛で、
外側の蛇腹扉はエアブラシを使っています。



↑この蛇腹扉も内側に埃がたっぷり詰まっていますが
そんなことはお構いなしです。



↑もともとの入り口



↑この蛇腹扉は壊れていて、
前の住人は1度も使ったことがないそうです。

でも私はセキュリティーが一番心配なので直して使うことにしました。
追加料金900,000vnd=¥3330だそうです。

鍵が400,000vndで補修とペンキで500,000vndです。

これで玄関は3重ロックとなります。



↑ガラス扉の鍵も壊れているので直します。



↑さすがにガラスは外して塗装。



↑クッキリ跡が残っています。
何しろ1度も拭いたことがないですから。


この様子を2〜3分の間だけ写真を撮って2階に戻り、
鏡をのぞいたらビックリ!

鼻毛が真っ白に!
水では取れないため、クレンジングで洗いました。

1階にはバイクや照明があるのですがそれらも真っ白になってました。
カバーくらいかけてくれよ、って感じ。

この日もこんな感じでまたもや
ナンチャッテでした。



↓改装中の今だけ「住まい」カテゴリーに移動しました。
↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村




このページの先頭へ