ベトナムお土産ブランド
『サイゴンチェアsaigonchair』

ようやく最初の商品、タオルハンカチが店頭に並びました。
8種類の刺繍があり、ふんわりフカフカ、1枚70,000VNDです。
卸し販売もしますのでご希望の小売店様はご連絡ください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

下呂温泉『合掌村』


日本三名泉の一つ、下呂温泉には
私が通っていた高校があります。今は特別支援学校に。

今日は新しくできた山の上の下呂温泉病院に行ったついでに
『合掌村』に行ってきました。

下呂温泉 足湯

↑その前に足湯で一服。
下呂温泉には街のいたるところに足湯場があります。

下呂温泉 足湯

↑あれっ、ふと見上げると足湯の上にビニール傘が。

下呂温泉 足湯のツバメ

↑なななんと、ツバメの糞受けに。

下呂温泉 足湯のツバメ

↑足湯の上はあったかいんでしょうね。
皆に見守られて大きく育っております。

では合掌村に向かいます。



↑合掌造りの家が5〜6軒敷地内に建てられています。

合掌造りでは世界遺産の『白川郷』が有名ですが
ここは国指定重要有形民俗文化財になっています。

その違いは何かというと、人が住んでいるかいないかです。
合掌村は入場料800円の一種のテーマパークですから。



↑温泉街を見渡せる山の上にあります。



↑この辺りは旧暦の6月5日にこどもの日を祝うので
鯉のぼりが見えてますね。



↑しらさぎ座は下呂温泉に伝わる伝説や昔話を影絵で上演する
日本で唯一常設の影絵劇場です。

入場料300円。日に3回。
あいにく時間が合わず、観ることができませんでした。



↑昔の様子を蝋人形で再現。



↑村内には当然お食事処、カフェ、おみやげやなどがあるのですが
円空博物館はぜひ見ておきたい展示の一つです。

精巧な仏像もいいですが
円空の荒彫りもまた風情があります。



↑下呂でゲロゲロなので蛙博物館です。



↑つつじの季節ですねー、ゲロゲロ。



↑世界中?から集めたカエルが展示されています。

う〜ん、意味があるのかないのかわからんですが
元カエルマニアとしては見ずにおれない。



↑ベスト3。
アフリカのカエル。大胆な直線が力強い。



↑ベスト2。
フランスのカエル。フランスから唯一の出展、おフランスっぽい。



↑ベスト1
メキシコのカエル。

ここの展示ガエルの中で1番多かった国はメキシコ。
その中で異彩を放つ、金のカエル。

以上、勝手にカエルランキングでしたー。




↑この施設内にはこんな滑り台があって
なんと577mですよ。1回100円。

ぎっくり腰をやってなかったら絶対滑ってたのに。
残念。



↑そして大好きなお決まりのコレ。
病院帰りで1人だったのでこれも断念。残念。

ということで
ぶらぶらと1時間くらい遊べました。堪能。

下呂の高校に通っていながら
合掌村に行ったのは初めてだったんです。(多分)

下呂温泉の地理もよくわかってないし。
まじめな高校生でしたからね。寄り道しないで帰ってましたから。

今は寄り道ばかりしてますが。



↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

寝過ごしてしまった。

久々の電車で寝過ごしてしまいました。

上呂駅

↑飛騨小坂駅で降りるはずが
2駅先の上呂駅まで寝込んでしまいました。

久々の電車に感覚がつかめなかったのかなぁ?

さいわい、奇跡的にも折り返しの電車があり
小坂駅から乗るバスに間に合いました。

まだ5時半ですがこのバスを逃したらもう次はないので
不幸中の幸いでした。ラッキー。

上呂駅

↑待っている間に向かい側のプラットフォームをパシャリ。
山合いの小さな駅。とうぜん、無人駅。



↑飛騨萩原の耳鼻咽喉科に行った時のバス停。



↑そのバス停の裏の川。



↑これがキレイな川なんですよ。



なんだかのんびりなんです。
静かだし。

ペーパードライバーの私にはちょっと不便だけど
自然が美しくて癒されます。

2日まで滞在して
3日には喧噪のホーチミンに戻ります。


↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

下呂市小坂の滝めぐり。

小坂の滝めぐりについて

日本三霊山のひとつ御岳山の麓に位置する下呂市小坂町は、
その豊かな水と急峻な地形により日本一滝の多い町として知られています。

昭和56年に第一回小坂の滝調査委員会が発足、
3年以上の調査で160を越える滝を発見。
その後第二回調査ではさらに50を超える滝が発見されました。

そのおよそ200の滝を基本として
「小坂の滝めぐり」として14のコースが設けられています。

そしてその最初の入り口のコースががんだて公園内にある、
三つ滝コースです。

がんだて公園

↑「がんだて公園」入口にある山小屋での計測値。
ここで甘酒をいただきました。

がんだて公園

↑県指定天然記念物「巌立」は御嶽の溶岩の絶壁。「がんだて公園」は、巌立展望台、売店、駐車場などが整備され大型バスも入れる。公園の中にある三ッ滝までは延長600mの滝見遊歩道が整備され、途中には円空上人ゆかりの不動明王が祀られている。さらに林道を2kmほど奥に入ると、あかがねとよ、からたに滝を見ることができ、春の新緑、秋の紅葉とそれぞれ異なった趣のある散策が楽しめる。

がんだて公園

↑溶岩の岩肌をアップでみるとこんな感じ。
溶岩だからドロドロしたイメージがあるけど、ゴツゴツしている。



11月のこの季節はこのレッドロビンの木が真っ赤になります。



↑滝めぐりなので小川のそばを歩きます。
軽装で行ったのものすご〜く寒かった。



↑三つ滝が見えてきました!

鉄の階段が設置されているので
このコースはだれでも簡単にクリアできます。

先を行くのは幼馴染のYさん。
いつも帰るたびにアチコチ連れて行ってもらいます。ありがとー。

この日はもう夕方ちかくて私達の他にはだれもいない様子。
寒いしね。

夏は涼しいのでたくさんの人でにぎわいます。

その後、湯屋温泉で休んでいってもいいし、
他の滝を見に御岳のほうに向かってもいいですね。

最後にがんだて公園のゆるキャラ、「がんだて男」を考えました。
「がん、だてお」と言います。

全身溶岩ですが目と口、手足が付いていて
ハンチングをかぶって蝶ネクタイ。

だて男ですから。
ちび○子ちゃんのはなわ君みたいなイメージでしょうか。

いいキャラだと思うのですが、どでしょ?




↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

奥飛騨の晩秋。


日本です。奥飛騨にいます。

今日はその奥飛騨の自然を満載してお届けします。
といっても、実家の周りですが。

畑1

↑畑の奥に広がる裏山。針葉樹はヒノキ。

畑2

↑向こうの山は御岳に続きます。ただ今噴火中。

畑3

↑この時期畑にはネギが植えられてますね。夏はゴマです。

山

↑すでに終わりかけの紅葉ですが、まだまだキレイ。



↑ちょっと歩いて角度を変えるとまたキレイ。

山アップ

↑写真では表しきれまっせん。
実際の色はもっともっと鮮やかで美しいんです。

もみじ

↑里の秋。

南天

↑赤く色づいた南天。

椿の種

↑食欲の秋。植物も花から実へ。椿の種。

いがぐり

↑栗。ただ今、飛騨は栗きんとんの季節。

これは裏の農道の栗ですが自然のままなので
95%以上が虫栗です。

虫が食べないようにするには
やっぱり薬を掛けて除虫しないと駄目らしいです。

難しいですね。自然のままって。

キノコ

↑いつの間にキノコ。

コスモス

↑コスモス畑も種が揺れています。
来年も大量に咲きそうです。


晩秋です。日本です。四季です。満喫してます。

次回は「厳立公園」。




↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

成田空港の過ごし方。

今回の一時帰国はANAを選んだのですが
中部国際空港着、成田乗換ということで

なんと成田空港での待ち時間9時間半!

ひぇ〜、なんじゃこりゃ〜ですが
それなりに楽しんできました。

成田空港デッキ

↑成田空港の展望デッキでコンビニランチ。

飛行機の発着を見ながら外でランチ。至福の喜びです。
中のレストランで食べる気になれません。

カプセルホテル ナインアワーズ

↑「カプセルホテル ナインアワーズ」を利用してみました。

サイゴンを夜中発だったので機内で熟睡できていないため
7月にできたばかりのこのカプセルホテルを利用してみました。

メニューは
宿泊:3,900円〜。
仮眠:1,500円〜2時間目からプラス500円
シャワー:1,000円 1時間以内

私は仮眠3時間で2,500円を利用してみました。

カプセルホテル ナインアワーズ

↑受付で渡されたタオルと歯ブラシとスリッパと着替えのセットを持って
このロッカー室で着替えます。

カプセルホテル ナインアワーズ

↑もちろん男女別なのでここで着替えます。
サウナや銭湯みたいな感じ。

カプセルホテル ナインアワーズ

↑その後このトイレと洗面の部屋へ。

なんともスタイリッシュで無機質ですが
ちょっとお掃除が?って感じでした。

残念、どこまでも無機質であってほしかった。

カプセルホテル ナインアワーズ

↑ここで歯磨き。目覚まし時計も貸してくれます。



↑ずらりと並んだシャワー室。

カプセルホテル ナインアワーズ

↑無駄な装飾は一切なし。統一されてます。
ここまで誰にも会っていません。

次のカプセルの部屋には誰かいるのかなー?

カプセルホテル ナインアワーズ

↑いました!

5〜6人の黒いユニフォームを着た若いスタッフの人たちが
並んでモップ掛けしています。

でもお客さんはいない様子。

スタッフの人に聞いたらこの時間は(お昼)少ないらしいです。

カプセルホテル ナインアワーズ

↑この真っ白な部屋でおやすみなさ〜い、zz

たった2時間でしたが疲れていたのでよく眠れました。

カプセルホテルは初めてでしたが
今はこういったスタイリッシュで無機質なのが増えているんでしょうか?

受付の人もかなり無機質で
ホテル全体のコンセプトなのかと思わせるほど。

寝るだけですからね。

多分早朝出発の利用者が多いんでしょうね。
また利用させていただきます。

気に入りました。


■カプセルホテル ナインアワーズ
http://ninehours.co.jp/
nrt@ninehours.co.jp
tel:0476-33-5109


●お知らせ
11月6日〜20日までホーチミンのお店と海外配送はお休みとなります。






↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

飛騨牛に乗って東京へ。

飛騨といえば飛騨牛でしょうか。

飛騨牛高速バス

↑じゃ〜〜ん、飛騨牛高速バス。

ここ飛騨小坂から東京に行く時は
まず高山まで出て、そこから高速バスに乗り、新宿に向かいます。

高速バス・飛騨牛号

途中3回ほどドライブインに寄るのですが
この飛騨牛号の派手さならどこに停まっているかすぐわかります。

モーモーうなりながら5時間半で新宿に到着。
5年ぶりの東京です。

5年ぶりとはいえ、ほとんど写真は撮らなかったのですが
思わず撮ってしまったのがコレ。

プライス

↑伊勢丹新宿店のウインドウディスプレー。

プライス人形におしゃれなお洋服を着せてます。
プライス、流行っているんでしょうか?

プライス人形

↑かわいい。

プライス人形

↑3つのウインドウの2つ目。オレンジ系でおいしそう。

プライス人形

↑かわいい。

プライス人形

↑ちょっとピントがぼけた。

プライス人形

↑ぼけても可愛い。

さすが新宿伊勢丹ですね〜、上手いしおしゃれ。

この日は6時に新宿伊勢丹で待ち合わせたのですが
帰りにここを通ったらすでに撤去されていました。

ラッキー。
でも撤去されたのはどこに行くんだろうか?

もし破棄するんだったら欲しいな〜。
オークションするのかな?気になる〜。

さて、この可愛いプライス人形ですが
レプリカが2001年にタカラトミーから出されています。

私が最初に実物を見たのは10年ほど前の代官山で、
その時は着物が流行っていたので着物姿でした。

一目でその可愛さにひかれ、
今でもたまに下記のブログをのぞきに行きます。

「手仕事劇場」

リナタロウさんの不思議な世界がみられます。
ご覧になってはまってみてください。


さて、これで日本編はお終いです。
すでにホーチミンミン店はオープンしています。

海外配送も通常通りになりましたので
ご注文お待ちしております〜。


◎ホーチミン店 営業時間:週3日(水・土・日)午後1:00-7:00



↓ポチっと押して応援お願いします。

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ


朴葉寿司の食べ方。

食べ方と言われても、まず朴葉寿司ってどんな寿司?
ですよね。

朴葉寿司

↑こんなお寿司です。

朴葉寿司

↑中を開けると
紅マスと若いみょうがの茎のお寿司が入っていて
その上にこれまた若い山椒の葉がのってます。

この季節だけの飛騨地方のお寿司です。

南飛騨では具を混ぜないで、すし飯に載せているタイプですが
小坂町では混ぜます。

このみょうがと、山椒と朴葉の香りが爽やかで
初夏の訪れを感じさせてくれます。

で、食べ方なんですが、

朴葉寿司

↑こうやって、朴葉を巾着みたいにして
お寿司をニギニギしておにぎりのようにして食べるんです。

食べてるとほどけてくるので
またニギニギし直して食べます。

きっとその昔、野良仕事の合間に食べてたんでしょうね。
箸いらずでお手軽な携帯食だったのでしょう。

朴葉の木

↑この左側の大きな木が朴葉。大木になります。
このあたりのあちこちに植わっています。

葉が柔らかい時はお寿司に使い、硬くなるとそれを乾燥させて
その上に味噌を載せて焼くのが有名な朴葉味噌です。

飛騨の旅館の朝食には必ず出されます。

では、もう少しだけ飛騨の山里の緑をどうぞ。

ふき

↑ふきももう食べられます。
朴葉寿司の中にも入れたりします。



↑4年前に植えたミントがほっといても咲くようになりました。
ミントティーにしましょう。

スズラン

↑スズランはそろそろ終わりです。

タンポポの種

↑タンポポの種が舞っています。

今日は時々雨で長袖でちょうどよい涼しさ。

明日は5年ぶりの東京です。
晴れるといいな。



↓ポチっと押して応援お願いします。

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

新緑。


あまりにも新緑が美しいので。



↑お隣の畑。タンポポでいっぱい。
おじさんが亡くなってからは、ただの原っぱ。



↑見事な借景。



↑ツツジの季節。



↑緑のグラデーションが美しい。







↑芝桜。



↑道端までかわいい。





↑自然の美しさには、かないませんねー。



↑山、山、山。
どこも絵になります。


久々に帰るとあらためてその美しさに感動します。
新緑って、こんなにきれいだったんですね。





↓ポチっと押して応援お願いします。


↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

炭酸泉。

一時帰国中なので
ちょっとだけ、実家の事を書きます。

といっても、炭酸泉のことですが。

炭酸泉

↑岐阜県下呂市小坂町湯屋は「湯屋温泉」という、温泉街なんです。

でも温泉と言いながら温泉でなくて、冷泉なんです。
そう、冷たいんです。



↑温泉街の何箇所かにある、炭酸泉飲み場。



↑岩が鉱泉の硫黄の成分で黄色くなっています。



↑成分。



↑効用。
心当たりの持病をお持ちの方、お試しあれ。

この温泉街に来られた旅行客はもとより
この鉱泉を求めて遠くから来られる人もいます。
容器に詰めて持って帰ります。

なにしろ1日中出てますから飲み放題、汲み放題なんです。
病気の時はいつも鉱泉がゆでした。

無料のお薬ですから言う事なしなんですが、、、
一つ問題が。

不味い、、、、、らしい。

ハハ、もちろん私は子供のころから飲んでますから大好きですが
初めて飲む人にはチョッと飲み辛い、らしい。

飲み続ければおいしくなってくるかなぁ?

辺鄙な処ですが、
どんなお味か試しにいらしてください。


以上、飛騨小坂観光協会からのお知らせでした。




↓ポチっと押して応援お願いします。


↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

田舎のネット事情。


今はすでにホーチミンにいますが、
実家のネットがあまりにも速かったのでその辺のお話を。

かれこれ4年弱前、
私が1年実家に戻って修行の仕上げをしていたころ
光ファイバーの工事が行われました。

それまではISDNでしたからその速さたるや
歴然とした違いがあったのですが

今回、なんでそこまで速いの?というくらい速い。待たない。
田舎特権?

ただでさえ人口が少ないのに
お年寄りが多くて使う人も少ない。

地域の光ファイバーを1人で使ってる感じ。



↑手前の白いのは実家に常に置いてあるimac。相当古い。
右のはベトナムからのハンドキャリーWindows。



↑机の下にはなんとPawerbook G3。
古すぎてネット接続が壊れて繋げず。

立ち上げるのに3日以上かかるので年に一度の帰郷のために
電源入れたまま。

illastraterソフトが入っているのでそれ用。

なぜこの年代物のG3を使っているかというと、



↑OKI電機の15年くらい前のプリンターに
このG3しか繋げないため。

ベトナムから持ち込んだWindowsにはillustraterは入っているけれど
OKIのプリンターには繋げず。のため。



↑何しろあなた、インクがカセットですよ。
見たことあります?

印刷の時、用紙が4色の色ごとに出たり入ったりして
今お使いのプリンターの4倍は時間がかかるんです。

実はこのカセットインクの在庫がしこたま残っているので
それを使ってしまうまでは買い替えマイと、がんばっているんです。

OKIもG3もまだ動きますから
あとまだ何年も使える予定です。

せっかくの高速光ファイバーなんですが、
ネット以外はまだそれかい状態。

益々差が付きそうです。




改装中の今だけ「住まい」カテゴリーに移動しました。
↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村






このページの先頭へ