ベトナムお土産ブランド
『サイゴンチェアsaigonchair』

ようやく最初の商品、タオルハンカチが店頭に並びました。
8種類の刺繍があり、ふんわりフカフカ、1枚70,000VNDです。
卸し販売もしますのでご希望の小売店様はご連絡ください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

◎ユニクロ・サイゴン店に行ってきました。

ユニクロサイゴン店

 

昨年の12月にオープンしたユニクロ1号店に行ってきました。

 

コットン100%の薄手のパーカーがあったらほしいなと思って。

そうでないと暑いときに着ると腕にあせもが出てしまうんです。

今持ってるパーカーは無印なのにポリエステルで、

袖を通すだけでチクチクしてきます。


残念ながらこの広告のパーカーはコットンではありませんでした。

暑い国では厳しいです。とくにおばちゃんは。

 

他にもちょっと買いたいものがあったので。

それは最後に話します。

 

ユニクロサイゴン店

 

ちょっと話題になっていた、ベトナム版ミッキー。

 

ベトナムって、キャラが立ってる国なので、ノンラー(ベトナムの笠)をかぶせたり

バイクを合わせりするだけでそれっぽくなる。

 

ユニクロサイゴン店

 

これも昔ながらのベトナムの伝統的な暮らしをイラストにしたもの。

 

ユニクロサイゴン店

 

焼き物の絵柄を表現したもの。

これはあんまりベトナムっぽくないな。むしろ日本ぽい。

 

どれもそれなりですが、やっぱりサイゴンチェアの『振りむく猫』Tシャツが

一番かわいいと思うのは手前味噌でしょうか?(^^♪

 

 

この日は金曜のお昼過ぎだった仁尾も関わらず、すごい人出。

 

ユニクロサイゴン店

 

ここのユニクロはすごく大きくて3階まですべてユニクロで

同じ商品があちこちに飾ってあって、ちょっと迷います。

 

ユニクロサイゴン店

 

ユニクロの目の前には‘ZARA やH&Mがすでに出店してます。

 

ユニクロサイゴン店

 

さらに、隣の隣に無印が出店予定。

どんだけ便利になるんでしょう。世界中どこに行っても同じ景色で。

 

最後にお目当ての1つだけ買った商品は、

 

ユニクロサイゴン店切リッパパンツ

 

切リッパパンツ。

 

ベトナムってまだなんでもコテコテなので、こういうのがないんです。

赤だとか紫の、レースフリフリはたくさんあるんですけど。

 

ユニクロに切リッパパンツがあって助かりました。

でも私はいつも、ほぼグンゼなんです。

 

グンゼの切リッパパンツは綿が65%〜80%も入っているんですよ。

さすがは下着メーカーなんです。

 

普段は日本に帰って買ってくるんですが、

今回はそれができないので、いろいろなものが足りなくなってきました。


プレゼント用の可愛いシール、

塩麹などの特殊な調味料、

日本のコーヒー豆とか。

 

あとどれくらい続くんでしょうね。

またユニクロ行かないといけなくなるかなぁ。

 

ホントはグンゼが欲しい。

 

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

◎制作中。乙女バッグの型紙。

パンガンダランの手刺繍の入った乙女バッグの型紙

 

手刺繍の入った乙女バッグの型紙を作っています。

ペタンコだし、何も難しいところはないんですが

合わせ目だとかを計算しないといけないので、どちらかといえば苦手。

 

作りだしたらのめり込むんですけどね、

それまでがなかなか進まない。

 

作る途中にもいろいろ迷ってけっこう時間を使います。

修業時代の凝った作りのバッグは

1つのサンプルを作り上げるまで2〜3ヶ月くらいかかってたし。

 

だいたい作業が遅いんです、私。

じつは食べるのも遅いです。何か関係あるのかな?

 

でもそんな悩みながら作っている乙女バッグは

なかなか可愛くなりそうです。

 

ショルダーベルトを付けてポシェットとしても使えるようにしました。

 

入口もクルミボタンをループで止める形にして

機能性もよくしました。

 

完成はあと1ヶ月ほどお待ちください。

 

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

◎Tシャツ発売記念価格250,000d!限定98枚。

 

ようやく念願のTシャツができてきました!11年がかりですね〜。

 

今回はそれを記念して限定98枚をなんと250,000dで販売します。

1枚は私が着てるのと、もう1枚は不良が見つかったので。

 

TシャツはカナダのTシャツメーカー『GILDAN』のモノなので

コットン100%、適度な厚みと柔らかさで、縫製もバッチリです。

 

ベトナムでよく見かける安いTシャツはコットン100%って書いてあっても

実際ほとんどはポリエステルが混ざっています。

しかも縫製が汚い。

 

サイゴンチェアではお土産といっても、ちゃんとしたものを作りたかったので

Tシャツ本体はメーカーのモノを使いました。

 

お試しとして初回100枚しか作らなかったので

XXSからXLまで少しずつしかありませんので、お早めにどうぞ。

色は白、グレー、ロイヤルブルーの3色。

 

ちなみにこのトルソーボディーはXXSを着ています。

 

 

言おうかどうか迷いましたが、安いのは他に理由があります。

 

なぜかというと、なぜだかわからないけれど、

私の書いたイラストと少し違うんです。

 

いったいなぜこんなことが起こるのか、全く謎なんですが

しっぽが、猫のしっぽが細くなってるんです。

 

それとマフラーの先になかった線が1本入っちゃってます。

ありえないでしょ、このミス。

 

これって作った本人にしかわからないミスですが、

気付いた時にはかなりショックでした。

時間かかったんですよ、これを完成させるのに。

 

作り直してもらおうにも、この会社が今回のコロナで撤退するということなので

それもまかりなりません。

 

ということもあって、私の心情的にさらに安くすることにしました。

 

基本的に男性用に作ったので大きなサイズが多いです。

小さな方は特にお早目にお越しください。

 

お待ちしております♪

 

 

JUGEMテーマ:作品発表!!

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

◎ベトナムのミニマリストは目の前にいた!

ベトナムのミニマリスト

 

ここ何年か、日本ではやたらミニマムブームですよね。

『清貧のすすめ』くらいからでしょうか?だんだん過激になっているようです。

 

清貧といえば私が思い浮かぶのは

司馬遼太郎の『坂の上の雲』に登場する秋山好古です。

 

以下エピソード

 

陸軍学校時代には、旧旗本の佐久間家に下宿していたが、

そもそも荷物という荷物は持っておらず、鍋と茶碗くらいしかもっていない。

その下宿先へ弟の秋山真之がやってきた。

鍋、茶碗も一個しかないので、「兄さん食事はどうしようか?」と弟が聞くと

「まず、お前が食べろ」と茶碗でご飯を食べる。

弟が食べ終わったところで、その茶碗に好古はお酒を注ぎ一杯のむ。

飲み終わると「茶碗があいたぞ」としてま茶碗を弟に渡すとまた弟はご飯を食べる。

そんなことを何度か繰り返していくと食事が終わったという。

 

人生の主題は明確であるべきだ

男は生涯で一時を成せばそれでよい

 

という強い志が垣間見える話です。

 

今の日本のミニマリストたちはどうなんでしょう?

断捨離すると物に振り回されなくなってスッキリするとは思いますが。

 

私も仕事を除いてはかなりのミニマリストだと思いますが

けっこうなミニマリストがここベトナムにもいました。

 

写真は家の目の前に住んでいる、お隣の家の長男さんの洗たくモノ。

ベージュのズボンに白のワイシャツ。

 

それ以外のモノを着ているのを見たことがありません。

たぶん持ち物といえば自転車くらいかも。

ちらりと見える部屋の中もがらんどうだし。

 

家族と生活しているわけだから必要ないといえばそうなんだけど。

 

ただ、ベトナムの年配の男の人はファッションに全くこだわらないですからね。

そういう意味ではミニマリストは多いです。

 

単にめんどくさいだけっぽいですが。

ほんとうは強い信念のもとだったりして。

 

なんてね。

 

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

◎《お知らせ》水曜日は11時オープンとなります。

パンガンダランの営業時間が替わります

 

サイゴン店の営業時間が水曜だけ2時間早くなります。

 

今までの営業時間は水・土・日の週3日で

いずれも午後1時から7時まででした。

 

それを水曜日だけ2時間早めて11時から7時までとします。

 

最初は水・土曜日だけの週2日だったんですが

途中から週3日になり、今回は営業時間が延びました。

 

なぜかというと、平日の午前中に開いてないので

子供のいる主婦が行きにくいとリクエストがあったので。

 

ここベトナムでは学生の送り迎えをそれぞれの家庭でしなくてはいけません。

そうなると平日は3時ころまでには帰らなくてはならず、

動けるのは午前中に限るということでした。

さらに土日は旦那様もお休みなので、お買い物に出にくいらしいんです。

 

前から言われてはいたんですけどね、

営業時間はすでに周知してあるし、印刷してるし、どうかなぁと思っていたんですが

コロナ過の今、雑貨屋さん、お土産屋さんの多くが閉まっているらしく

開いているお店は貴重な存在らしいんです。

 

なるほど、鎖国中でも帰国する日本人はいるわけだし、

お土産ブランド『サイゴンチェア』も作ったことだし、

在庫もたくさんあることだしで、決めました。

 

11時オープンなら3時までに余裕で帰れますからね。

 

そういうことで24日水曜日から11時オープンとさせていただきます。

 

皆さまよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

このページの先頭へ