ベトナムお土産ブランド
『サイゴンチェアsaigonchair』

ようやく最初の商品、タオルハンカチが店頭に並びました。
8種類の刺繍があり、ふんわりフカフカ、1枚70,000VNDです。
卸し販売もしますのでご希望の小売店様はご連絡ください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

丸い鏡。




↑この丸い鏡、直径55cmあります。

なぜ丸い形にしたのか?
これもまた今となってはよく思い出せません。

実はこの鏡、同じものを2枚オーダーしました。
一つは此処1階の洗面所に、もう一つは2階の洗面所に。

でも2階の洗面所の洗面台の位置が端っこすぎて
(タムさんが勝手に位置を決めてしまったので)
この55cmの大きさがうまく収まらないため、取り付けていません。

取り付け損なったもう一つは、何処に使おうか思案中です。



↑近所の鏡屋さんで購入。
不思議とこの鏡屋さんなるお店がホーチミンにはアチコチにあります。

でも額縁に鏡を入れたいときは額縁屋さんで鏡を入れてもらいます。

この額縁屋さんもそんなに需要があるのかい?
と疑うほどに、たくさんあります。



↑オーダーすると1日で作ってくれます。
この丸い鏡は1枚350,000d=¥1,380 でした。

取りつけもお願いすればやってくれます。
そういうところがとっても便利。

でも鏡を取り付ける金具はダサダサだけど。




改装中の今だけ「住まい」カテゴリーに移動しました。
↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

1F洗面所、進行状況。

とりあえず、1階の洗面所は完成していますが
ショップの床がまだなので作業のたびに汚れるため、まだ使っていません。



↑特注の壁に取り付けるタイプの棚に
INAXの四角い洗面台を取り付ける作業をしています。

今思うとなぜこの壁に取り付けるタイプの棚に
これほどこだわったのか、不思議に思います。

普通の洗面台でよかったのに。
簡単だし、安いし。レトロな建物に合うし。

完成してみるとちょっとモダンすぎて周りと雰囲気が合いません。
失敗じゃないけど惜しい感じ。



↑丸い鏡がちょびっとレトロっぽいか?



↑私、実はトイレットペーパーを使いません。

ずいぶん前に1年以上アジアやら中東やらを旅している間に
熱い国では水で洗うのが一番という事に気付き

以来、日本に帰ってもしばらく手桶生活をしていました。

此処ホーチミンはもちろん暑い国ですから水で洗います。

そうなるとこのトイレの横についているビデがとても重宝します。
いわゆる、手動のウォシュレットですね。



↑ビデを取り付けようと、タイルに穴を開けようとしたら
タイルが割れてしまいました。

タイルの端っこは割れやすいようです。
穴を開けるときは真中に。



↑こうなると剥がして1枚やり直しです。



↑完成。



↑壁は白いタイルだと思っていたら
出来上がってみたら少しグレーっぽい色でした。

蛇口の下に洗濯機がくる予定。まだ買ってません。



↑この空間には間接照明が2つだけなのでちょっと薄暗いか?



↑以前の洗面所。ずいぶん変わりましたよね。



改装中の今だけ「住まい」カテゴリーに移動しました。
↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村





革張りのドアのドアノブはコレ。

1階キッチンのドアにドアノブがまだ入っておらず
穴の開いた状態でした。

いい加減に買わないといけないなと
重い腰を持ち上げて、ドアノブ屋さんに行ってきました。

数軒回って結局欲しいモノは見つからず、
結局いつものドアノブ屋さんに行ってしまいました。

そしてまた、あの商売上手な店員さんとご対面。

結局そこにも欲しかったアンティーク色のドアノブは見つからず
途方に暮れていましたが、

あの商売上手な店員さんが何気にお茶を出してくれ、
店主の作ったココナッツのかりんとうみたいなお菓子をを勧められ、

あれこれと代用品を持ってきます。

この時点で、なんか気分的に此処で買ってしまおう的な気持ちになっています。

そして、さんざん迷って決めたのがコレ。



↑おじさんっぽい?書斎にありそうな感じ。

月日がたち擦り切れてきた頃がイイ感じになりそうです。



↑あの商売上手な店員さんがお土産に包んでくれました。

ちなみにこのドアノブのお値段は600,000d=¥2340でした。

その後近くの別のお店に寄ったら同じものがあった!

店員さんがいくらで買ったのかと聞くので
600,000dだというとオッてかんじで驚くので

じゃあ、この店はいくらなんだと聞くと
もう買っちゃったんだからそれは言えないという。

う〜ん、気になる。
もう買っちゃったのに。

でも後日また違うお店に行ったらまた同じのがあったので
いくらかと聞くと同じ値段を言ってきたので

ちょっと嬉しくなる。

落ち着きました。




改装中の今だけ「住まい」カテゴリーに移動しました。
↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

蛇口がなくなりました。

とうとう、物がなくなりました。
キッチンの蛇口です。

棟梁のタムさんは2,3日探していましたが見つかりません。

あんな汚い現場で何がなくなったとしても不思議ではありません。

改装中はずっとベトナム人夫婦の荷物がありましたし、
引越しやら移動やらで出入りが激しかったですし。

この蛇口は布の袋に入れられ、
箱に入ったかなりオシャレなものでした。

購入先に尋ねると同じものはないといいます。

なくなったのは旧正月前だったので新しい商品を仕入れることもできず
新しいタイルに蛇口だけ以前のモノがはまったままでした。



↑以前の蛇口。



↑以前のキッチン。



↑旧正月が明けてようやく届いた蛇口。
なくなったものよりは格段に見劣りするけど仕方がありません。



↑でもやっぱりこうなっちゃうんですよね。

せめて穴を埋めるくらいしてほしいんだけど。




改装中の今だけ「住まい」カテゴリーに移動しました。
↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村





その後。




↑お饅頭といえば、、、。

昨日まで住民登録できず、家に住めない状態でしたが
めでたく取れました。

その時のSMSでのやり取りです。

家主から突然携帯にメールが入る。

家主:「袖の下を使おうと思うが、どう思う?」

私 :「0K」

1分後

家主:「今から君は家に住むことが出来るようになった。」

私 :「どうもありがとう。」

3分後

家主:「今はいくらかわからない。後で言ってくるそうだ。」

私 :「このケースでは相場はいくらくらいか?」

家主:「だいたい数ミリオンくらいだろう。」

私 :「OK」

以上です。

フーっ、何か厄介な事でもめてるのかと思ったら
単なる袖の下でした。

袖の下はもちろん嫌いですが、
ここベトナムではそれを使わないはで事が進みません。

ココで断わって引越しする人もいますが
私の場合はすでに改装にお金がかかっていますから
ウンと言わざるを得ません。

気になるのはそのお値段です。
なんであとから言うんだろう?おかしい。

気になる、、、、、。




改装中の今だけ「住まい」カテゴリーに移動しました。
↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

ココに2時までいます。

さっきの続き。

12時に「Pizza Hat」を出てたどり着いたのがココ。



↑139A Nguyen Trai Q1  飲茶「SHI-FU」。

私には珍しく住所入りでご紹介。
日本語が出来るお店の人が紹介して欲しそうだったので。



↑ピータン粥を注文。32,000d=¥122
癖がなくておいしいです。他にも飲茶のメニューがたくさん。

このお店2時までやってます。

周りのお店もまだやってるけど、
このお店にはお客さんが誰もいなかったので決めました。

静かだし、料理もおいしいし、安いし、
いいお店を見つけました。

明日も来よ。



改装中の今だけ「住まい」カテゴリーに移動しました。
↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村






家から追い出されました。



現地時間23時13分です。
DeTam データム通りの「PIZZA HAT」でこれを書いています。

なんで家で書かないのかって?
それは家から追い出されたから。

正確に言うと、外国人は移住先で必ず公安に居場所を知らせ
住民登録をしなければいけません。

普通この手続きは大家がしなければいけませんが、
それがまだされていませんでした。

それが出来るまでの間、家に住んではいけないといいます。
ホテルかどこかに住めと。

これは先週の水曜日に言われたので今日にはできているはずでしたが
いろいろな事情で手こずっている様子。

先週は仕方なく近くの安宿街で
ドミトリー1泊5ドルの部屋を4泊することになりました。

でも実際には泊っていません。部屋も見ませんでした。
要はこのホテルに住んでいるという証明があればいいだけです。

パスポートの番号が登録されていればいいわけです。

案の定、昨晩10時半ごろ家に公安が様子を見にやってきました。

そこですかさずホテルの領収書を見せると
公安はなにも言わず帰って行きました。

公安としてはココで何としてもイチャモンを付けて
賄賂が欲しかったことでしょう。

拍子抜けしたのか、あっさり帰って行きました。

とりあえずは大丈夫でしたが登録できるまでは
どこかよそに住んでることにしなければなりません。

しかもいつ公安がチェックに来るかわからないので
夜は出来るだけ家にいたくありません。

そういう訳でネットが出来て
できるだけ遅くまで開いている店を探したら此処になりました。

でも此処も12時で閉店なので
その後どこかぶらついて帰るかも。

1時になったらさすがに公安も来ないと思うので
それまでどこかに潜伏します。

ベトナムは簡単に住めるけど
自分で家を借りたり、買ったりするときはたいへんです。

今後どうなるかは私にもわかりません。

まだ改装終わってないんだけど、、、、、。



改装中の今だけ「住まい」カテゴリーに移動しました。
↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

エントランスもモノトーンで。


今回の改装ではいろいろな事情があり、
できるだけ安く抑えなければなりません。

でも、安すぎてダサダサはいやだし。

ということで決めたのが、
「クオリティーは妥協するけど、色は妥協しない」でした。

改装前の家はベトナムらしく、いろいろな色であふれかえっていました。
それを総てモノトーンに統一させ、一体感を出す。

その代り、壁やらドアやらは総てそのままで、色だけ替える。

ボロボロの壁やドアは色さえ統一すれば、
どうにかなるだろうと考えました。

イメージとしては倉庫です。
倉庫みたいな無機質な感じを想像してみました。



↑改装前の様子。床がオレンジで金網がグレー。



↑壁は薄い緑色。



↑隅には使うのか使わないのかわからないモノが
埃まみれで積まれています。



↑改装中。すでに壁は白く塗られています。



↑壁は白で、フェンスは黒で。

このフェンスは1回塗りで大丈夫だったのに
入り口のドアをエアブラシで塗ったもんだから
ペンキの粉が付着してもう一度塗り直すことに。

総てが万事この調子。計画性という言葉が見当たらない。



↑総てを白くするとレリーフのようで美しい。



↑床は倉庫らしく、コンクリートにする予定。

コンクリートにするのは倉庫のイメージがあったのと
ベトナム人があまり好きではないんじゃないかと考えたため。

ベトナムの法律では大家に出ていけと言われれば
出ていかざるを得ないので

コンクリートにしたら借りたがる人も少ないんじゃないかと思って。

あくどい大家は改装が終わったところで出ていけと言う人もいます。
特に外国人はいろいろ因縁をつけられて餌食になりやすい。

いい大家に当たるかどうかは最初はわかりませんからね。

まったく予断を許しません。



改装中の今だけ「住まい」カテゴリーに移動しました。
↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村



室外機の足の下に木の棒。

2階に2台のエアコンを取り付けたので
ベランダに2台の室外機が並んでいます。

でもそのままタイルの上に置くと
底の部分に隙間が出来ず掃除できないので

木の棒を足の下に敷きました。



↑2台なので4本。



↑ちょうどピッタリの長さでカットしてもらいました。



↑その木の調達先はココ。



↑この木工所は角材が豊富。

板を置いているところは多いけど角材は少ない。
何軒もまわってようやくたどり着きました。



↑気を削っているところ。
おがくずの山ができて、いい香りがしています。

昔、小学校に行く真ん中あたりにおがくずの山があって
よくカブトムシの幼虫を採ったりしていました。

懐かしい香りです。



↑ひょいとバイクで現れた人が
持ってきた板を切ってもらっているところ。

持ち込みOK。好きな長さに切ってくれます。

それにしてもなんでタバコ吸いながらやる?
とよく思います。

改装中もペンキ塗りながら、タイル張りながら、木を切りながら
タバコ吸いまくり。

でもって、吸い殻を床にポイポイ捨てる。改装中だけど家の中なのに。

私が思うにタバコ吸いながら仕事するのがカッコいいって
思っている節がある。

何の影響?

ちょっと話が脱線しました。

この木工屋さん、木自体もものすごく安い。

時間のある人だったら木を買って好きな長さで切ってもらって
自分で組み立てたら驚くほど安い家具が出来上がります。

ベトナムでそんなことする外国人、なかなかいないと思うけど、
いかがでしょ。



改装中の今だけ「住まい」カテゴリーに移動しました。
↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村







設計ミス?

キッチンのシンクの上に食器棚を取り付けました。

この棚はベトナムにある日本の会社にオーダーしました。
私が外側の寸法を示し、下側に電気が2つ付くようにという指示でした。

工事が遅れに遅れているので
この棚はずいぶん長い間放っておかれました。


さていよいよ取り付けてみると、電球が入らない。
んっ?そんなバカな。

棚の下側に電球スペースがとってあり
丸い穴が2つ開いているのですが、

その高さより電球の方が高くてまったく収まりません。
(写真撮っておくのを忘れました)

さっそく電話するとスタッフのベトナム人が来てくれることになりました。



↑あれっ?おかしいぞ?



↑収まらかったのはハロゲン電球でしたが
彼らはLED電球を近くで買ってきて取り付け始めました。

でも穴の大きさが違うので
カッターっで穴をゴリゴリ削って広げています。



↑入った!よかったね〜、作り直さないといけないところだったよ。



↑たぶんハロゲンよりLEDの方が高いですから
私としたら得をした気分。

日本の会社とはいえ会社員はベトナム人ですから
やっぱりすんなりとはいきません。

この設計施工会社もきっとたいへんなんでしょうね〜。

毎回違うモノを作るわけだろうから
毎回ハプニングの連続なんでしょうね。

心中お察しいたします。



改装中の今だけ「住まい」カテゴリーに移動しました。
↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
このページの先頭へ