ベトナムお土産ブランド
『サイゴンチェアsaigonchair』

ようやく最初の商品、タオルハンカチが店頭に並びました。
8種類の刺繍があり、ふんわりフカフカ、1枚70,000VNDです。
卸し販売もしますのでご希望の小売店様はご連絡ください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

『AOshow アオショー』は後ろで見るべし

『AOshow アオショー』というのは
オペラハウスで定期的に公演されているショーなのですが
なかなかいいということなので観てみることにしました。

私たちが行った日は6時開演ということで
これもまた事前にJTBで予約チケットをとってもらいました。

10月からは10%オフということで一番安い席(1階席外側)が567,000d=¥3,005
けっこうなお値段です。

上映時間は約1時間。

レモングラスとライムの葉っぱのお茶

↑入口でレモングラスとライムの葉っぱのお茶をサービスしていました。
客はほとんど観光客でしかも欧米人多し。

ここから先は写真がありません。なぜなら写真撮影禁止だったので。
水上人形劇ではカメラが超邪魔だったのでホッとしました。

私たちの席は前から3列目の外側。
舞台より低い位置になります。

舞台より低い位置。これが全く駄目でした。

『AOshow アオショー』というのは
若者がダンスやアクロバットで楽しませるのですが
舞台より低い位置のために全体が見渡せません。

この演劇は大勢で道具を使いながら全体としての美しい流れを表現しているのに
それをなんとなくしか感じられないんです。

端の席でも舞台より上の位置であればそれなりの美しさが味わえたのに。

残念でした。
たぶん本来の50%ほどしか堪能できなかったと思います。

でもこれが次回リベンジで上の席で観ようというほどではないんです。

ですから『AOshow アオショー』を初めてみる方は
くれぐれも舞台より上の席で観てください。

端でも上です。
お忘れなく。




↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。
コメント
このページの先頭へ