ベトナムお土産ブランド
『サイゴンチェアsaigonchair』

ようやく最初の商品、タオルハンカチが店頭に並びました。
8種類の刺繍があり、ふんわりフカフカ、1枚70,000VNDです。
卸し販売もしますのでご希望の小売店様はご連絡ください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

リーフレットを作りすぎて、



ちょっと前になりますが
ようやく、もう何年も前から作ろう作ろうと思っていた
リーフレットがようやくできてきました。

私は元グラッフィックデザイナーなのでグラッフィック関係は得意なのですが
いかんせん時代がデジタルでなかったんです。

文字を写植で打ち出して版下に両面ボンドで張り付け
それを入稿原稿として印刷屋さんに注文していました。

ようやく職場にもデジタルが出始め
最初に使ったのがマッキントッシュのciでした。

でもクワドラが出だしたころで私のグラッフィック業は終わりました。

それから十数年たっていますから
デジタル入稿というものにまったく感覚が追い付いていないわけです。

出来上がりの点数としては70点がいいところですね。

でも今回なんとなく要領が少しわかってきたので
調子に乗って毎年作りたいと思ったのですが



1万部も刷ったら段ボール9箱にもなって、なかなか減りそうにないんです。

ホテルに置いてもらえるかと思っていたのに意外と厳しくて
どこも置いてくれないし、

カフェやレストランも受けとってはくれるんですが
その後どうなっているのか確認できず。

かろうじて旅行会社が置いてくれるくらいなんです。
あと、スカイガーデン、トップヘアー、sen spa かな。

減らないと作れないですからね。

やっぱりドンコイ通りでまくしかないでしょうか?
ちょっと恥ずかしいんですけど。

どういよう、、、。
と眺めてばかり。



↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。
コメント

いやはや!仕事に厳しいトラさん。このリーフレット素敵ですよ。まず、観察してみると、ドンコイの受け取り率は低いです。もったいない。
確実なのは、やはり日本の女性誌、旅行誌に送りまくる事、ホーチミンのHIS、JTBにおいてもらう事、高級?アパートへのポストインですね。手伝いますよ。誰か他のアパートにお住まいの方を紹介してくださいね〜。

  • 越子
  • 2015/06/28 09:37

>越子 さん

でもー、観光客にも知ってもらいたいんですよー。
コーヒー奢りますからドンコイのビラまき手伝ってください!

  • とら
  • 2015/06/28 17:27

そっちにいたら、ビラまき手伝うのにー。

  • ちー
  • 2015/06/29 08:43

>ちー さん

チーさんがいるときのはまだ作ってなかったからねー。
デップチャイ探しが懐かしい。

  • とら
  • 2015/06/29 21:51

先日、一緒に配ればよかったですね。11月でよければお手伝いしますよ。

  • ベトナムの旅人
  • 2015/07/01 08:13

>: ベトナムの旅人 さん

ありがとうございます。
でもその頃には一人で配れるようになっていると思います。
最初だけ勇気がいりますからね。

  • とら
  • 2015/07/03 16:21

冷静に分析してみたのですが、ドンコイで配るよりも、やはり旅行雑誌に載せてもらう方が、初期コストはかかっても元は取れるような気がします。
私の様に何度も行っている人間や在住はともかく、初ベトナムや2度ベトナムなら、行く所をかなり厳選して時間配分を考えていると思います。
水、土日の営業時間に合わせてくることをいきなりリーフレットをもらってから考えないような気がします。

私が思うに、今、日本の初心者向けガイドブックで一番売れているのはarucoだと思います。初心者向けに解りやすく、なおかつマニアックな面もあり、小さい本なくせに情報量満載で、オールカラー、カワイイものを載せるのが得意です。
ここに載せてもらえれば、かなりの来客があるかと。来越前からスケジュールを組んで営業時間に来てくれると思います。

いかがでしょう?

  • ベトナムの旅人
  • 2015/07/04 09:01

>ベトナムの旅人 さん

詳しくありがとうございます。
もちろんガイドブックに関しては各紙すでに手はずは打ってあります。
次の改正に載せてくれるとは思うのですが。
今回はたまたまリーフレットを作りすぎたのでもったいないなと思っただけです。多分この分だと大量に捨てることになるでしょう。

  • とら
  • 2015/07/08 00:15
このページの先頭へ