ベトナムお土産ブランド
『サイゴンチェアsaigonchair』

ようやく最初の商品、タオルハンカチが店頭に並びました。
8種類の刺繍があり、ふんわりフカフカ、1枚70,000VNDです。
卸し販売もしますのでご希望の小売店様はご連絡ください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

下呂市小坂の滝めぐり。

小坂の滝めぐりについて

日本三霊山のひとつ御岳山の麓に位置する下呂市小坂町は、
その豊かな水と急峻な地形により日本一滝の多い町として知られています。

昭和56年に第一回小坂の滝調査委員会が発足、
3年以上の調査で160を越える滝を発見。
その後第二回調査ではさらに50を超える滝が発見されました。

そのおよそ200の滝を基本として
「小坂の滝めぐり」として14のコースが設けられています。

そしてその最初の入り口のコースががんだて公園内にある、
三つ滝コースです。

がんだて公園

↑「がんだて公園」入口にある山小屋での計測値。
ここで甘酒をいただきました。

がんだて公園

↑県指定天然記念物「巌立」は御嶽の溶岩の絶壁。「がんだて公園」は、巌立展望台、売店、駐車場などが整備され大型バスも入れる。公園の中にある三ッ滝までは延長600mの滝見遊歩道が整備され、途中には円空上人ゆかりの不動明王が祀られている。さらに林道を2kmほど奥に入ると、あかがねとよ、からたに滝を見ることができ、春の新緑、秋の紅葉とそれぞれ異なった趣のある散策が楽しめる。

がんだて公園

↑溶岩の岩肌をアップでみるとこんな感じ。
溶岩だからドロドロしたイメージがあるけど、ゴツゴツしている。



11月のこの季節はこのレッドロビンの木が真っ赤になります。



↑滝めぐりなので小川のそばを歩きます。
軽装で行ったのものすご〜く寒かった。



↑三つ滝が見えてきました!

鉄の階段が設置されているので
このコースはだれでも簡単にクリアできます。

先を行くのは幼馴染のYさん。
いつも帰るたびにアチコチ連れて行ってもらいます。ありがとー。

この日はもう夕方ちかくて私達の他にはだれもいない様子。
寒いしね。

夏は涼しいのでたくさんの人でにぎわいます。

その後、湯屋温泉で休んでいってもいいし、
他の滝を見に御岳のほうに向かってもいいですね。

最後にがんだて公園のゆるキャラ、「がんだて男」を考えました。
「がん、だてお」と言います。

全身溶岩ですが目と口、手足が付いていて
ハンチングをかぶって蝶ネクタイ。

だて男ですから。
ちび○子ちゃんのはなわ君みたいなイメージでしょうか。

いいキャラだと思うのですが、どでしょ?




↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。
コメント
このページの先頭へ