ベトナムお土産ブランド
『サイゴンチェアsaigonchair』

ようやく最初の商品、タオルハンカチが店頭に並びました。
8種類の刺繍があり、ふんわりフカフカ、1枚70,000VNDです。
卸し販売もしますのでご希望の小売店様はご連絡ください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

通関が頭をよぎる、、、

6月1日から日本の実家にいますが
ベトナムにいる間に注文しておいた材料がすでに届いていました。

バッグの金具

↑こちらは金具類。
これからまだまだ届きます。

糸やら布やらも運びます。本や資料も。

重いですが、空港までは宅急便で送るし
ベトナム空港からは家までタクシーで行けます。

問題は通関。

ベトナム空港で最後に荷物をレントゲンに通すんですが
私の場合、100%止められます。

通関の人はこの金具に100%反応するんです。

ベトナムにいるときに事前に輸入申告すればいいんじゃないの?
と思いますよね。

私もそうしたいんですけど、それって相当大変なんです。
手続きやらが。

そういうわけでとりあえず運んで事後報告(空港で)となります。
でもそれもまた面倒なんですよ。

日本だったら空港に税関があってその場で計算してくれますよね。
しかも5分も経たずに事は終わります。

ベトナムの場合、それが後日となってしまいます。
ひどいとそれが1日では出てこず、何日も通うことになります。

以前(もう10年も前ですが)タイから船便で布を入れた時は2週間通いました。
やっぱりいくらかアレを積んだら出てきましたが。
今はWTOにも参加して、少しはマシになってるかなぁ?

あぁ、これぞ社会主義国の面目躍如といったところでしょうか、
めんどくさいことこの上ありません。

なので、やっぱりその場でアレしてしまうことが多いです。

まずいですね、こんなこと話して。
でもそれもベトナムという国の慣習なんです。

通関の人もそれがわかっているから
100%見逃さずに止めるわけです。たらーっ

今から気が重い、、、。



●お知らせ

5月から週3日営業になります。
OPEN : 水曜、土曜、日曜、13:00-19:00

6月1日〜19日は一時帰国のため
ホーチミンのお店とHPの海外配送はお休みになります。





↓ポチっと押して応援お願いします。

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ
コメント
このページの先頭へ