ベトナムお土産ブランド
『サイゴンチェアsaigonchair』

ようやく最初の商品、タオルハンカチが店頭に並びました。
8種類の刺繍があり、ふんわりフカフカ、1枚70,000VNDです。
卸し販売もしますのでご希望の小売店様はご連絡ください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

あらためてベトナム人て。

ベトナムにかかわってからすでに17年。
住み始めて4年半。

ベトナム人と日本人の違いはかなり知っているつもりですが
またあらためて認識した場面がありました。

現在住んでいる1軒家の改装をするにあたり
タイル屋さんの英語が話せるミーさんにかなりお世話になりました。

ミーさんはタイル店を営んでおり妻子があります。
そうですねー、40歳前くらいでしょうか。

すでに2年も前のことですがその間にも修理などで
連絡をすることもありました。

その日はは珍しいことにミーさんから
休みなのでコーヒーでもどうですか?というお誘いを受けました。

別に用事もなかったので、パスター通りの「coffe bean」で待ち合わせ。
よもやま話を1時間ほどしていると

超ボディコンの若いおねーさん(Hさん)が登場。
なんでも英語の先生をしているらしい。

しばらく3人で1時間くらい話し、そろそろ帰ろうという時に
わたしがお手洗いから帰ってくると、

当然2人だけで話しているんですが、それが英語なんですよ。
2人はベトナム人同士です。

私が、「2人だけなのになぜベトナム語で話さないの?」と聞くと

Hさん:「We love it」 このWeはベトナム人てことらしい。

ミーさん:「Its kind of our habit. 習慣みたいなもの」と言います。

えー、ベトナム人同士で英語で話すことが習慣て?

このシチュエーション、
おそらく日本人同士だったら考えられないと思うんですよ。

だって、恥ずかしいですよね?
日本人同士、日本人だけしかいないのに英語って。

外国にいると輪の中に外国人がいることも多いので
その時は自然と会話が英語になりますが

ひとたびその輪の中から外国人がいなくなったら
一瞬のうちに日本語に切り替わると思うんですよ、日本人て。

あうんの呼吸って言うんでしょうか。

最近、グローバル化とか称して英語に力を入れているようですが
いろんな意味で日本人にはハードルが高いです。

個人的にはグローバル化なんぞして
変な外国人にわんさか日本に入ってこられるのは嫌なので
英語なんて必要な人だけやればいいと思っていますが。

はい、この日は久々のカルチャーショックでした。

その後2人はベトナム語で何やらちょこっと話していたようですが
ミーさん、ちょっとよこしまなこと考えてないか?

まー、そのへんは万国共通といいますか
完全に想定内です。

サイゴンの猫

黒:Are you free to go out for drink milk tonight ?
茶:Sorry. I'm afriad I have other plans.

in a leather shop in Sigon.


●お知らせ

5月から週3日営業になります。
OPEN : 水曜、土曜、日曜、13:00-19:00

6月1日〜19日は一時帰国のため
ホーチミンのお店とHPの海外配送はお休みになります。




↓ポチっと押して応援お願いします。

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ
コメント
このページの先頭へ