ベトナムお土産ブランド
『サイゴンチェアsaigonchair』

ようやく最初の商品、タオルハンカチが店頭に並びました。
8種類の刺繍があり、ふんわりフカフカ、1枚70,000VNDです。
卸し販売もしますのでご希望の小売店様はご連絡ください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

銀杏を食べすぎて、

チョロンのビンタイ市場日行った時に買った
クルミと銀杏。

クルミと銀杏

↑クルミ500g/130,000d=¥630。
銀杏500g/25,000d=¥125。

両方とも大好物なので
ちょっと多めだけれど食べてしまえるかなくらいの量です。

でもクルミは途中でおしゃれな帽子「SHOKO」のガレージセールに
お土産で持って行きました。

銀杏は最初少し食べて置いといたら
黴が生えかかっていたのであわてて洗って冷蔵庫に入れて保存。

これは早めに食べておかないといけないなと思い
50個食べたら、その夜


胃が痛い。

もたれる。

ふと振り返って考えてみると銀杏しか思い浮かばない。

銀杏?

はい、調べました。

銀杏はたくさん食べてはいけません!って
検索するとたくさん出てきました。

特に子供は危ないらしいです。

以下引用______________________________________________________________________________________

ギンナンを食べ過ぎると1〜12時間後に、腹痛・嘔吐・下痢・頻脈・消化不良などの食中毒様症状が出るほか、ひどい場合にはふらつき・痙攣・呼吸困難・意識消失・ショックなどを引き起こします。
最悪の場合、死に至ることもあるのです!

このギンナン中毒を引き起こすのは、圧倒的に “ 小児 ” が多いです。
小児(5歳未満)に多く、報告されている全患者の70%以上が10歳未満の子供です。
大人の場合には、かなり多量に摂取した場合に限られています。
大人は肝臓にMPNを解毒する酵素がありますが、小児は解毒能力がまだ発達していないためギンナン中毒になりやすいのです。
そのため、小児のギンナンの摂取は制限する必要があります。

ギンナンに含まれるチルビリドキシ(MPN)という物質が、ビタミンB6の欠乏を引き起こし、その結果、ギンナン中毒が現れると考えられています。
このチルビリドキシ(MPN)は、ビタミンB6に極めてよく似ているため、ビタミンB6の働きを邪魔して、見かけ上、ビタミンB6欠乏症状を引き起こします。
ビタミンB6には、体内での様々な生化学反応の酵素の働きを助ける作用があるのですが、そのなかでも神経伝達を抑制する働きがあるGABA(ギャバ)の生合成をチルビリドキシ(MPN)は阻害してしまうのです。
すると、神経伝達が抑制されず、中枢神経の異常興奮により痙攣などの症状を現してしまう・・・といわけです
__________________________________________________________________________________________________

らしいです。

早く言ってくれよ〜。

知ってました?

*たまたま撮っておいた銀杏の写真、
こんな記事で登場するとは夢にも思わず。たらーっ



●お知らせ

5月から週3日営業になります。
OPEN : 水曜、土曜、日曜、13:00-19:00

6月1日〜19日は一時帰国のため
ホーチミンのお店とHPの海外配送はお休みになります。




↓ポチっと押して応援お願いします。

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ








コメント

生マカディミアは食べたことありますか〜?
私は昨年11月、教えてもらって初めて食べました。ベトナムにしてはお高いけど美味しいです。

  • ベトナムの旅人
  • 2014/05/15 07:47

>ベトナムの旅人 さん

マカディミアは食べのがしています。
そのうち食べます。食べすぎないようにします。

  • とら
  • 2014/05/16 00:41
このページの先頭へ