ベトナムお土産ブランド
『サイゴンチェアsaigonchair』

ようやく最初の商品、タオルハンカチが店頭に並びました。
8種類の刺繍があり、ふんわりフカフカ、1枚70,000VNDです。
卸し販売もしますのでご希望の小売店様はご連絡ください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

革の達人。

「革の達人」という革のトリートメント剤のお話。

実家に帰っている間に、HPに載せる写真を撮っていたのですが
銀ペンの跡がたくさん付いているのを発見。

帰国前でソートー慌ただしく
出来立てのバッグをそそくさとスーツケースに詰めてきたので
まだお手入れしていない状態でした。

銀ペンというのは革を扱う人であれば、1本は持っているであろうと言う、
革に書けるペンです。

日本であればその銀ペンが付いた状態で納品というのはあり得ません。
というか、銀ペンを表側には使わないと思います。

いつも銀ペンは消してから持ってきてくれ、
と言ってあるのですが
相変わらず、付けたまま持ってきます。

この銀ペンは消せるのですが、消すには道具がいります。

私はいつもトリーメント剤の「ラナパー」でふき取るのですが
それでも取れない時は「チャコ消しペン」でこすってから
ラナパーでふき取ります。

これでほぼ取れるのですが、まれに書いた跡が残るんです。

銀色は取れているけど、軌跡が残るというか。
よほど注意しないとわかりませんが。

えー、それで撮影の前にその銀ペン跡を撮ろうとしたのですが
実家に「ラナパー」がないことに気付いたんです。

よわった、残りあと3日しかない!

あわててネットで調べてみると
アマゾンのお急ぎ便で翌日発送できる商品が見つかりました。

ラナパーではないけれど、ラナパーに似た成分で
国産品。

革の達人

↑でん。その名も「革の達人」。

使ってみましたが銀ペンもきれいに取れるし
匂いもしないし、お値段もそこそことイイ感じです。

ラナパーより油分少なめでしょうか?
仕上がりがベトベトしません。

気に入りました。



↓ポチっと押して応援お願いします。


↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ
コメント
このページの先頭へ