ベトナムお土産ブランド
『サイゴンチェアsaigonchair』

ようやく最初の商品、タオルハンカチが店頭に並びました。
8種類の刺繍があり、ふんわりフカフカ、1枚70,000VNDです。
卸し販売もしますのでご希望の小売店様はご連絡ください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

わざわざ日本で買ってきた掛け時計。


キッチンに時計が欲しかったのですが
何所を探してもホーチミンには、合いそうな時計がありませんでした。

ほとんどのデザインが新しいんです。
骨董になると古すぎるし、高すぎるし。

仕方がないので日本に帰った時に名古屋で買いました。

時計を取り付ける

↑ 扇風機の下の位置に取り付けたい。

時計は買ったまま、ずーっと置いてあったのですが
またまたKさんにお願いして取り付けてもらいました。

いい加減に自分でやれ〜、ってか。

はいはい、Kさんも2月には帰国となるので
否が応でもやらなければいけない時は来ます。
それまではちょっとお願いしています、お願いします。

ベトナムの壁

↑でも「ベトナムの壁」は一筋縄ではいかないんですよ。
ここも完全には中まで彫れませんでした。

でも時計1個ですから、このくらいでもOKというところで
いよいよ時計をかけようとしたら
時計の穴が小さすぎてネジに入らない。

ギリギリ入るかなーと思ってたんだけどやっぱり無理だった。

時計の穴を大きくする

↑そこで急遽、時計の穴を大きくする作戦に!

メタル用の電気ドリルで穴をギュインギュインと広げております。

この時計の穴のサイズは完璧に釘用ですね。
木の家を対象にしているらしい。

世の中、そんなこともあるのかって感じ。完全に想定外。

ちょっとレトロな時計

↑ジャ〜ン、完成。
ちょっとレトロな時計です。



↑凸凹の壁に違和感なく収まっていると思います。

ベトナムは家自体は天井が高くて素適なんですが
備品にイイ物がなくて残念です。

ちょっとずつ進歩はしてるんですけどね。
まだまだです。




↓ポチっと押して応援お願いします。


↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ
コメント
このページの先頭へ