ベトナムお土産ブランド
『サイゴンチェアsaigonchair』

ようやく最初の商品、タオルハンカチが店頭に並びました。
8種類の刺繍があり、ふんわりフカフカ、1枚70,000VNDです。
卸し販売もしますのでご希望の小売店様はご連絡ください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

停電で仕事がはかどります。

今朝、起きてシャワーを浴びると水が冷たい。
停電でお湯が出ない。

さすがに常夏のホーチミンとはいえども
水シャワーは冷たい。

この家に越してきてからもう半年余りになりますが
月に1、2度は必ず停電になります。

しかも長い時には5〜6時間止まってる。

以前は4か月に1度くらいだったので、ずいぶん多いことになります。

原因は多分この地域の電力供給によるものだと思われます。
停電になるといつも同じエリアだけ電気が消えます。

目の前の大きな道路に面した建物のあるエリアは
めったに停電していません。

でもいつも裏口の住宅エリアだけ一緒に消えます。
思うに、この地域の電力供給量を超えると
止まってしまうのではないかと考えるわけです。

というのも、この家の電気料金が恐ろしく安いんです。
毎日、エアコンつけっぱなしでも月に230.000vnd=¥920です。

いくら物価の安いベトナムでもこれは安すぎる。
普通だったら最低でも400,000VNDはするでしょう。

停電になったら一番困るのが冷蔵庫です。
南国ですからね、どんどん食品が温まっていくわけです。

電気料金が安いのを取るか、冷たい冷蔵庫を取るか。

でも、私には選択の余地がないので
溶けた氷が固まって1つになっているのを我慢するしかありません。

さて、でも停電でもいいことがまだありました。
そう、停電で何もできないので作業に没頭できます。



↑停電の間に刺繍職人のフンさんに渡すための布を用意しました。

作業2時間で26個のバッグ分が切れました。
まだまだ足りませんが、けっこうな集中力で進められました。

扇風機も使えないので無駄な動きを出来るだけ抑えて
黙々と切って行きます。

淡々とその作業に没頭するのも楽しいものですね。

普段はこういう単調な作業の時は
you tubeでニュースを聴いたりしているので
そちらにも意識が向いてしまいます。

しかもその間に(今もそうですが)お茶を飲んだりします。

禅僧が食事中おしゃべりもせず、たくあんを音も立てずに食べたりするのは
1つの事に集中する大切さを説いてるようですが

自らそうするのは難しいものです。

やはり電気が戻ればYou tubeも聴くし、お茶も飲んでしまいます。
だらだらと作業が続き、最後に慌てる。

わかってはいるのですが、、、、。




改装中の今だけ「住まい」カテゴリーに移動しました。
↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村






コメント
このページの先頭へ