ベトナムお土産ブランド
『サイゴンチェアsaigonchair』

ようやく最初の商品、タオルハンカチが店頭に並びました。
8種類の刺繍があり、ふんわりフカフカ、1枚70,000VNDです。
卸し販売もしますのでご希望の小売店様はご連絡ください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

よりによってこんな時に。

さて次の日です。

コンクリートの表面もだいぶ乾いてきました。
この日は汚れた壁の掃除と玄関のドアのカットです。

ところがこういう日に限ってとんでもないことが起こります。



↑壊れて蛇口のなかった水道管から水が流れているんです。
元栓はしっかり締めてあるのに。



↑そのために壁に染みができ
壁を伝ってコンクリートの床の上に水が流れ込んでいます。



↑布で水を吸わせるのですがまったく追い付きません。



↑古い赤いシーツを引き裂いた布を使ったので真っ赤。

ベトナム人は派手な色のシーツが大好き。花柄とか柄モノも。
市場に行ってもすごいハデハデ柄多し。



↑急遽、別の場所で仕事をしていたタムさんを呼び出し
修理してもらう事に。

タムさん、いったん来たもののほっといて帰ろうとするから
絶対今やれ!って強く言ったら納得したみたいで始めました。

なんでこの状況でほっとく?理解できん。
他にどんな急ぎの用事があろうとも、これだけは今やってもらいます!



↑その間、こちらでは壁に着いた汚れをサンダーで落としている最中。



↑コンクリートの厚み分、だいたい5cmくらいこの鉄の扉を削りました。

その時に火花が出てすごかったので写真を何枚も撮ったのですが
なぜか1枚も残っていません。

間違えて捨てちゃったみたいです。残念。



↑この扉は元々ひずんでいてピッタリと閉じてくれなかったのですが
それもあちこち削ってピシャッと閉じるようにしてくれました。

ありがとうございました。



↑この星の飾りはクルクル動くんです。
ちょっとしたアクセントになってます。



↑ものすごい火花を散らしながら削るので
周りの鉄も焦げてきて真っ黒に。

それを拭かないでそのままペンキを塗ってるもんだから
白いペンキがグレーになってます。

できれば何もして欲しくなかった。
やっぱり細部までキチンとはこの国では難しい。

ちなみにこの人たちは日系会社の下請け屋さんです。
監督に日本語が話せるベトナム人が時々来ています。


さて、水道の水漏れ事件もあり、まだ完全には乾いていないので
1週間待ってから次の作業に取り掛かるという事になりました。

次の作業は上から透明塗料を塗る、という事なのですが、
これがまたいろいろあって、

まだまだ床の話は続きます。

ではお隣の猫で一休み。



↑上半身はキリリ、下半身はダラリ。




改装中の今だけ「住まい」カテゴリーに移動しました。
↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村







コメント
このページの先頭へ