ベトナムお土産ブランド
『サイゴンチェアsaigonchair』

ようやく最初の商品、タオルハンカチが店頭に並びました。
8種類の刺繍があり、ふんわりフカフカ、1枚70,000VNDです。
卸し販売もしますのでご希望の小売店様はご連絡ください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

エントランスもモノトーンで。


今回の改装ではいろいろな事情があり、
できるだけ安く抑えなければなりません。

でも、安すぎてダサダサはいやだし。

ということで決めたのが、
「クオリティーは妥協するけど、色は妥協しない」でした。

改装前の家はベトナムらしく、いろいろな色であふれかえっていました。
それを総てモノトーンに統一させ、一体感を出す。

その代り、壁やらドアやらは総てそのままで、色だけ替える。

ボロボロの壁やドアは色さえ統一すれば、
どうにかなるだろうと考えました。

イメージとしては倉庫です。
倉庫みたいな無機質な感じを想像してみました。



↑改装前の様子。床がオレンジで金網がグレー。



↑壁は薄い緑色。



↑隅には使うのか使わないのかわからないモノが
埃まみれで積まれています。



↑改装中。すでに壁は白く塗られています。



↑壁は白で、フェンスは黒で。

このフェンスは1回塗りで大丈夫だったのに
入り口のドアをエアブラシで塗ったもんだから
ペンキの粉が付着してもう一度塗り直すことに。

総てが万事この調子。計画性という言葉が見当たらない。



↑総てを白くするとレリーフのようで美しい。



↑床は倉庫らしく、コンクリートにする予定。

コンクリートにするのは倉庫のイメージがあったのと
ベトナム人があまり好きではないんじゃないかと考えたため。

ベトナムの法律では大家に出ていけと言われれば
出ていかざるを得ないので

コンクリートにしたら借りたがる人も少ないんじゃないかと思って。

あくどい大家は改装が終わったところで出ていけと言う人もいます。
特に外国人はいろいろ因縁をつけられて餌食になりやすい。

いい大家に当たるかどうかは最初はわかりませんからね。

まったく予断を許しません。



改装中の今だけ「住まい」カテゴリーに移動しました。
↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村



コメント
このページの先頭へ