ベトナムお土産ブランド
『サイゴンチェアsaigonchair』

ようやく最初の商品、タオルハンカチが店頭に並びました。
8種類の刺繍があり、ふんわりフカフカ、1枚70,000VNDです。
卸し販売もしますのでご希望の小売店様はご連絡ください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

超簡単、トートーバッグ完成。

バッグが出来ました。



↑最初に見せちゃいます。
ミシンの前に置いたので大きさがわかりますよね。
けっこう大きいです。

たまたま選んだピンクの革が予想外にかわいい。

サンプルバッグ

↑真中の入り口を止めるための革にホックを付けようとしたのですが
あいにくココにないので、本番で付けます。

サンプルバッグ

↑口が大きく開いて大容量。

サンプルバッグ

↑脇にD管を付けることにしました。
D管もココにないので本番で。

せっかくなので製作過程をご披露します。

サンプルバッグ

↑裏地から作りました。

この生地は伸びるので普通は使わないのですが
親戚の織物工場が廃業した時にもらって大量にあるので
試作品用にいつも使っています。

縞がはいっているので目盛になって使いやすい。

サンプルバッグ

↑脇と底を縫い合わせて1枚にした布を本体と縫い合わせていきます。
マチ針だけで止めてガーっと縫います。

サンプルバッグ作り方

↑すみません、説明過程ものすごくはしょりました。
接着芯を貼った表の麻生地を、裏地と合わせてマチ針で止めたところ。

ちょっと横長で大きい。小さくしたい。

サンプルバッグ作り方

↑真中を6センチ詰めることにしました。真っ二つに。

サンプルバッグ作り方

↑ハンドルはピンクの革で。
ゴムノリで裏側の見える部分に薄く剥いた革を貼り合わせます。

本体の生地と縫い合わせる部分だけ革剥きしました。

サンプルバッグ作り方

↑私はゴムノリをこの<ウニ>の入っていた瓶に入れてます。
この<ウニ>の瓶、乾燥しないので最高です!

サンプルバッグ作り方

↑表にかえして、はみ出ている部分をカット。

サンプルバッグ作り方

↑この部分だけを最初に縫っておきます。
それから2つ折りにして縫い合わせます。

できたハンドルを表生地と裏地の間に挟んで一揆に縫い合わせて完成!

すごく不親切な説明ですみません。
途中で写真を撮るのを忘れちゃうんですよね。

それにしても久々のミシンで縫い目がガタガタです。

まだ日があるのでもう1個違うタイプを作ろうと思います。
簡単なヤツ。


↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村










コメント
このページの先頭へ