ベトナムお土産ブランド
『サイゴンチェアsaigonchair』

ようやく最初の商品、タオルハンカチが店頭に並びました。
8種類の刺繍があり、ふんわりフカフカ、1枚70,000VNDです。
卸し販売もしますのでご希望の小売店様はご連絡ください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

アンティークなカフェ『Villa Royale Downtown Antiques & Tea Room』in ホーチミン

今日は以前ご紹介した2区ある店『Villa Royale』が1区にもできたので

そのご紹介。

 

『Villa Royale Downtown Antiques & Tea Room』in ホーチミン

 

とにかく入口がわかりにくい(パンガンダランよりは100倍イイですが)カフェ。

散歩の途中で一度ふらりと入ったきり見つけられずにいました。

 

『Villa Royale Downtown Antiques & Tea Room』in ホーチミン

 

お店はこの入口を入った2階にあります。

 

『Villa Royale Downtown Antiques & Tea Room』in ホーチミン

 

この先を進むと

 

『Villa Royale Downtown Antiques & Tea Room』in ホーチミン

 

この階段をあがれの看板。

 

『Villa Royale Downtown Antiques & Tea Room』in ホーチミン

 

華やかな孔雀がお出迎え。

 

『Villa Royale Downtown Antiques & Tea Room』in ホーチミン

 

雰囲気のある廊下が次の部屋を想像させます。

 

『Villa Royale Downtown Antiques & Tea Room』in ホーチミン

 

アンティークな店内。入って左から順に撮影。

 

『Villa Royale Downtown Antiques & Tea Room』in ホーチミン

 

ところ狭しと飾ってあるのは売り物のアンティーク品。

 

『Villa Royale Downtown Antiques & Tea Room』in ホーチミン

 

着物?

 

『Villa Royale Downtown Antiques & Tea Room』in ホーチミン

 

アンティークってやっぱりフォトジェニックですねー。

どこを撮っても画になります。

 

ところで、ここまで見て何か気付きませんでした?

 

一緒に行ったCさん曰く

テーブルのカップが全部上を向いてるところが日本人としては気になると。

 

確かに。日本人なら下向きにふせて置いとくなと。

ここはオーストラリア人オーナーのお店ですが文化の違いなんでしょうね。

 

『Villa Royale Downtown Antiques & Tea Room』in ホーチミン

 

奥はカウンター。

紅茶の入った缶がズラリと並び、

その手前には撮り忘れましたがケーキのショーケースがあります。

 

『Villa Royale Downtown Antiques & Tea Room』in ホーチミン

 

お店のスタッフが缶を開け、お茶の香りをかがせてくれます。

私たちの選んだのは『1887 Black Tea』。

 

 

さすがに専門店だけあって美味しい。

食器類が優雅な雰囲気を醸し出しています。

 

『Villa Royale Downtown Antiques & Tea Room』in ホーチミン

 

このスコーンは甘さ控えめでクリームとよく合って美味しかったです。

好きな味でした。

 

このスコーンを食べにまた行きたい。

 

『Villa Royale Downtown Antiques & Tea Room』in ホーチミン

 

最後に後ろ髪ひかれたのはこのティーセット。

緑好きの私の目に飛び込んできました。

 

欲しい。でもあのピッチャーとかどうやって使うんだろうか?

たぶん使いきれずに花瓶かなんかにしそう。

ああでも花瓶でもいいか、素敵な色だし、、、。

 

いまだに悩んでいます。

 

 

■Villa Royale Downtown Antiques & Tea Room

25 Ho Tung Mau Street  District 1

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

コメント
このページの先頭へ