ベトナムお土産ブランド
『サイゴンチェアsaigonchair』

ようやく最初の商品、タオルハンカチが店頭に並びました。
8種類の刺繍があり、ふんわりフカフカ、1枚70,000VNDです。
卸し販売もしますのでご希望の小売店様はご連絡ください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

アップリケの試行錯誤。

『四角い鳥』刺繍

クロワッサンバッグに施した『四角い鳥』刺繍。

 

『四角い鳥』刺繍

 

今回丸いショルダーに施した『四角い鳥』刺繍。

 

違い、わかりますよね?

 

前者は表布を切り抜いて裏に別布を貼って、その上から刺繍で縁取り。

後者は別布を切り抜いて表布に貼ってから、刺繍で縁取り。

 

どちらが好きですか?

 

私はどちらかと言うと前者の方がラフさがあって好きなのですが

そのラフさが嫌いな人がけっこう多いんです。

 

表布を切り抜く前者の方法だと

どうしても端が切リッパになるのでほつれやすいです。

そこがイヤだと。

 

うんうん、そうですよね、気持ちはわかります。なんだか気になりますよね。

気になるとさらに気になったりして。

 

でもほつれても周りを刺繍でぐるりと塗ってあるからどんなにほつれたとしても

そこで止まるんです。ほつれっぱなしって事はないんです。

 

私としてはそのほつれ加減が楽しいかな、なんて思うんです。

ほつれたら切ればいいし、って言うと、

 

切らないって言うんです。

 

自分じゃ切れないって。

 

ふーん、そうかそんなもんか、自分じゃ切りにくいんだ。

わからないでもない。自分の身の回りでもほつれて大丈夫なのってデニムぐらいだから。

 

デニムなんてわざと石と一緒に洗ったりしてほつれるどころか

穴あいっちゃって、挙句の果てに破れて、さらにそれを着ながら悪化させるんですもんね。

 

イメージとしてはアレの100分の1くらいなんですけどね。

 

でも、嫌な人が多いのは事実で。

 

と言うことで今回は上に貼りつけタイプにしてみました。

これはこれでスッキリしてていいかも。

 

小さなことなんですけどね、神は細部に宿るとも言いますし、

試行錯誤して頑張っていきたいと思います。

 

どうぞ今後もよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

コメント
このページの先頭へ