ベトナムお土産ブランド
『サイゴンチェアsaigonchair』

ようやく最初の商品、タオルハンカチが店頭に並びました。
8種類の刺繍があり、ふんわりフカフカ、1枚70,000VNDです。
卸し販売もしますのでご希望の小売店様はご連絡ください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

作業中。残りもの整理。

ペタンコ刺繍バッグ

 

作業台の上にあるのは残りもの。

ペタンコバッグが7個分とか、ギャザートートバッグが4個分とか。

 

なんで残りものかというと、作る出番が回ってこなくて残ってる。

 

なんで出番が来ないかと言うと、最近作ってない型だから。

 

もしペタンコバッグを作る時が来たら一緒に混ぜて作れるんだけど

なかなかペタンコバッグの出番がないもんだからず〜っと、残りもの状態。

 

なんでちょこっとだけ残ってるの?って思いますよね。

 

刺繍バッグ

 

中央のが、フレンチノットで刺された花一つ。手刺繍です。

 

パンガンダランではまず横振りミシン刺繍の職人さんであるフンさんに刺繍を出します。

そしてその仕上がってきたものを手刺繍職人のフーンさんに出すんです。

 

そうすると手刺繍職人フーンさんの仕事が出来上がった頃には

手刺繍のないものは革職人のナムさんにすでに渡されていると。

 

そうなると手刺繍の入った分はもう次回に回そうかなってなるんです。

 

ところがその次回がなかなか回ってこない型があるんですね。

理由はいろいろですが、廃番にしてしまったモノがほとんどです。

 

えー、そんなこと言ったら残ったまま作らないってこと?

 

いえいえ、そんな勿体ないことできません。

それぞれ手の込んだ刺繍が既に綺麗に刺されてますから。

 

ということで、このタイミングでもう全部残りものを作ることにしました。

このタイミングというのは革職人のナムさんの手が空いていて、

かつ刺繍がなかなか上がってこないタイミング。

 

ペタンコバッグ、ギャザートート、4面バッグ、ボディーバッグのうさぎ。

4面バッグはパンガンダラン第一号の型番。懐かしい。

 

ちょこっとずつですからナムさんにはご迷惑をおかけしますが

このタイミングなら大丈夫でしょう。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

コメント
このページの先頭へ