ベトナムお土産ブランド
『サイゴンチェアsaigonchair』

ようやく最初の商品、タオルハンカチが店頭に並びました。
8種類の刺繍があり、ふんわりフカフカ、1枚70,000VNDです。
卸し販売もしますのでご希望の小売店様はご連絡ください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

接着芯を貼るマシーン+鶉の卵

今日はまた接着芯を貼りました。

接着芯を貼る

布と接着芯を裏表に合わせます。

接着芯を貼る

ローラーの入口に押し入れます。

接着芯を貼る

吸い込まれていきます。

接着芯を貼る

吸い込まれる〜。



下から出てきます。
すみません、スピードが速くてシャッターが間に合わず、写っていません。汗

年季の入ったボロボロの機械ですがこれなしにはバッグは作れません。

以前にも書きましたが、汗だくです。汗がだらだら出ます。
でも汗をかいているのはやっぱり私だけです。
ベトナム人は涼しい顔して働いています。

でもだからといって汗をかかなくなるのも
そこまで現地化するのもどうよ、というか複雑な気がします。
かかなくなる日が来るかなあ?、、、恐ろしい。


↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ファッションブログ ナチュラル系へ
にほんブログ村




**********************************


すみません、食べものネタは書かないつもりだったのですが
ちょっとビックリしたのでついでに。

私は「うずらのゆでたまご」が大好きで
たまに天秤を担いだおつまみ売りのおばちゃんから買ったりしていました。

今日はバイクの洗車をしてもらっている間にその近くのお店で売ってたので10個買いました。
10個で10,000VND(40円)、高い、おばちゃんの倍するとは思いましたが
お店だししょうがないかと思い洗車場に持ち帰りました。

で、座ってむきはじめたら、、、、いつもと違う、白くない。

よく見たら孵化する前の「うずらのゆでたまご」でした。
アヒルは知っていましたが、うずらもか、そうかお前もか。

どおりで高いと思った。ライムと葉っぱまで入れてくれたし。

全部洗車のお兄ちゃんにあげました。うまそ〜に食べてました。
これがその写真。



↑拡大してみたい方は別窓でどうぞ。

「孵化する前のアヒルの卵」の解説はコチラ
コメント
このページの先頭へ