ベトナムお土産ブランド
『サイゴンチェアsaigonchair』

ようやく最初の商品、タオルハンカチが店頭に並びました。
8種類の刺繍があり、ふんわりフカフカ、1枚70,000VNDです。
卸し販売もしますのでご希望の小売店様はご連絡ください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

ベトナムで一番ムカつく店、金具屋に行かなければいけない理由2。

以前書いた、『ベトナムで一番ムカつく店』

タイトルに惹かれてか、最近の中ではアクセスがとっても良かったです。(*^_^*)

 

今日は、なぜそのムカつく店に通わないといけないか、ですが

前にも書いたようにその店にしか、金具が置いてないからなんですが

 

もう一つが

 

 

↑これ。

わかります?理由。

 

答えはアンティークカラーだから。

 

パンガンダランでは全ての金具をアンティーク色で揃えています。

なぜと問われれば、好きだから。

 

この好きだからのせいで、ムカつくお店に通っていたんです。

 

アンティーク色は少ないんです。

普通はシルバーメッキが標準なので、多くのお店で調達できます。

 

ところがアンティーク色は置いてあるお店が極端に少ない。

これは日本でも同じ。ただし日本はオーダーできますからね。

 

それにこのアンティーク色はメーカーによって色がバラバラ。

写真ではわかり辛いかもしれませんが、

金ピカに明るいのから黒っぽい色合いまで、色の幅が広い。

 

これだけ広いと同じバッグで使えなくなってくるんです。

金具の色が微妙に違うのは気持ちが悪いですからね。

 

日本で買ったモノも色がバラバラなのでとても使いにくい。

染め直しと言って、好きな色合いにオーダーで染めてくれるんですが

量がいるし、値段も上がるしで、タイミングが難しい。

 

同じメーカーは、ほぼ同じ色なので一つのメーカーで揃えたいんですが、

そのメーカーが全ての商品を取りそろえているわけではないんです。

 

アンティーク色って、めんどくさい色なんですよ。

わかっちゃいるけど、止められない。

 

止めたい、止められない。

 

好きなので。

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

コメント
このページの先頭へ