ベトナムお土産ブランド
『サイゴンチェアsaigonchair』

ようやく最初の商品、タオルハンカチが店頭に並びました。
8種類の刺繍があり、ふんわりフカフカ、1枚70,000VNDです。
卸し販売もしますのでご希望の小売店様はご連絡ください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

コピー天国べトナム、ここまでやるか!



↑7区にあるショッピングセンター『VIVO CITY』内の
スーパーマーケット。

上の写真はベトナムのお土産品コーナー。
陶器や漆、バッグ、サンダルなどいろいろあります。



↑その中でこんなバッグを見つけてしまいました。
ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、有名な『ヤシの実雑貨店』の商品です。

かつて『ヤシの実雑貨店』はメインストリートのドンコイ通り近くに
店舗を構えていましたが、今は店舗自体はなく、卸しをされています。

このバッグはその店舗のあった頃に作っていたデザインだと思います。
もう10年以上前になるでしょうか。

今でもそうなんですが、ベトナムはコピー天国で
有名なバッグ店のバッグは軒並みコピーされていました。

『ヤシの実雑貨店』『イパニマ』『SONG』など
コピーされあちこちのお土産屋さんで安く売られていました。

コピーするなといってもするので、そうなるとこちらが対策するしかありません。
どうするかというと、マネされないようにマネしにくいものを作るわけです。

そうすると革を使ったりして、どんどん作るのが難しくなって
値段も高くなっていくわけです。

こうなると、そうおいそれとはマネできなくなります。

パンガンダランはベトナムに来るにあたり、すでにそれがわかっていましたから
日本で革バッグの修業をし、最初からマネできないバッグを目指しました。

その甲斐あって一部卸し先に形をマネされましたが
出来たものは似て非なるものでした。革は使っていませんでした。

この先布だけのバッグを作ることがあるかもしれませんが
たぶんベトナムではパンガンダランの隠れ家店舗でしか売りません。
すでにペタンコバッグは日本でしか販売していませんし。

話がそれましたが、先の『ヤシの実雑貨店』のバッグですが
まんまパクリのコピー品です。5種類全部。



↑手刺繍のバッグがこのお値段とはパクリでも安いですね。
10区のこの住所に行ったら山のように積み上げてあるんでしょうか。

ほんと、他人事ではありません。
注意深くいくしかありませんね。
疲れます。



↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。
コメント

パンガンダランが皮を使っている理由が初めてわかりました!

ベトナムで物作りするのは苦労が絶えないですね。

  • ベトナムの旅人
  • 2016/04/11 13:38

>ベトナムの旅人 さん

そうですね、説明しないとわからないでしょうね。
洋服はパクられないんですが、バッグは要注意です。

  • とら
  • 2016/04/12 00:55

コピー商品が安く売れるのに
なんで私らの縫製代は高いんだ!と
いつも思ってました
でも新しいミシン刺繍の工場を紹介してもらって
いままで如何に中間マージンを取られていたか
よく解りました!
コピー商品が安くで売れる理由もそれですよね、きっと!

  • HANH
  • 2016/04/21 23:40

>HANH さん

今日、日系の工場の人にベトナム人の職人さんの工賃がモノによって高いということを言われました。うちの方が安いと。
縫製代って比べてみないとわからないことが多いですよね。労力がいります。

  • とら
  • 2016/04/22 00:17
このページの先頭へ