ベトナムお土産ブランド
『サイゴンチェアsaigonchair』

ようやく最初の商品、タオルハンカチが店頭に並びました。
8種類の刺繍があり、ふんわりフカフカ、1枚70,000VNDです。
卸し販売もしますのでご希望の小売店様はご連絡ください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

◎新しい布で、かわいい色ができました。

リース刺繍アーモンドバッグ

 

ピンク系の布地にサーモン色とチャコールグレーの刺繍。

なんともラブリーな、組み合わせ。

 

小ぶりでコロンとした可愛い形のアーモンドバッグが

さらに可愛くなりそうです。

 

いっぽう、青地の布には異なったグレーの配色。

地味だけれどシックでおしゃれな印象。

縦縞の白いシャツにも持てそうな、サラッとしたイメージ。

 

新しい生地を使うとこれまでと違った配色が浮かんできます。

 

これからさらに革の色が加わって、

また新たなイメージに仕上がっていくことでしょう。

 

新しいものを作るのは

いつにも増してワクワクします。

 

出来上がりが楽しみです♪

 

 

JUGEMテーマ:刺繍

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

◎手刺繍のA4トートにさらにビーズを付ける。

手刺繍のA4トート

 

もう1年以上刺繍ができ上ったまま、ほったらかしにしてあった

A4トートバッグの制作に取りかかりました。

 

A4トートはすべて手刺繍で刺されています。

それぞれほぼサンプル程度しか作っていないのでなくなったら終わりです。

 

上のデザインはツバメがビュンビュン飛んでいる感じを出したものですが

さらにビーズでアクセントを付けました。

 

写真がきれいでないのはビーズの位置を確認するために撮った

自分だけの確認用の写真だから。

 

ビーズをまず置いて、位置を決めた後に

一つ一つ縫い留めないといけないので、いったん外してしまいますから。

 

手刺繍のA4トート

 

同じデザインでも色違い、

ビーズでなくてスパンコールにしてみました。

 

手刺繍のA4トート

 

何て名前の刺繍にしよう?

さらに透明のスパンコールでキラッキラさせました。

 

手刺繍のA4トート

 

ちょっと賑やかすぎたか?こりっこりです。

 

まだまだいろいろな刺繍があるんですけどね。

全部はお見せできません。

 

全部できたらHPにアップしたいですが

販売はするかどうかわかりません。

 

何しろ飛行機が飛んでいないので

郵便局のいつもの普通郵便がやっていません。

 

佐川急便やEMSは動いていますが

今は恐ろしく高額で、送料のほうが売値より高くなってしまいますから。

 

合計12000円以上お買い上げの方のみの

条件付きならいけるかもしれませんが。

 

観光客が来ないのは本当に痛いです。

ここサイゴンでは撤退した日系もチラホラと出てきたようです。

 

政府保証も何もないですからね、ココは。

 

愚痴が出てきたのでこの辺で止めておきます。

 

ではみなさん、お楽しみに♪

 

 

JUGEMテーマ:刺繍

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

◎新作『春の庭』刺繍は、夏に出来上がりそう。

 

アーモンドバッグに使おうと思っている、新作『春の庭』刺繍。

タンポポ、すみれ、クローバー、つくし、苺、ナス、そら豆。

 

春の庭というより、春の家庭菜園かもしれませんが。(*^_^*)

 

ずっと、植物図鑑のような刺繍を使ってみたかったんです。

ようやく出来上がりました。

 

 

特にお気に入りが、つくしとスギナ。

つくしは春になるとアッチコッチで育ちますが、絵にすると形がカワイイ。

 

他にもいろいろな植物をデザインしたんですが、

難しかったのは並べ方。

 

ただ並べるだけだと散漫になって、まとまりがつかなくなるんです。

点線の仕切りを付けることで、問題が解決しました。

 

ただし、できたのが春の庭。

はてさて今は何の季節?はい、春の真っ最中。

 

たぶんアーモンドバッグができ上るのは夏も真っ盛りな7月くらいかな?

 

遅すぎたのか、早すぎたのか、季節感まったくなしの

製作状況。(-_-;)

 

常に予定より遅くなるので、もし他の季節の庭を作るんだったら

今から真冬の庭刺繍を考えるといいかもしれませんね。

 

真冬の庭?って何にもないのか?

南天とか椿とかハボタンとか?うーん、絵になるのかなー?

 

いろいろ作ってみたいものはあるんですけどね、

でも、ちょっと待ってください。

 

時期が時期なので先が見通せません。

いろいろ作って在庫ばかり積みあがっても大変なことになります。

今はとりあえず製作ストップです。

 

刺繍ができ上っていてそのままになっている

手刺繍のA4トートなどを先に作ろうと思います。

 

コロナで予定が狂った人は多かれ少なかれ相当な数だと思います。

長引くと踏みとどまれない可能性もありますからね。

慎重にいきます。

 

騒動が収まってくれるのを、祈るばかりです。

 

 

 

JUGEMテーマ:刺繍

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

◎指定ミスで派手派手に。花花刺繍。

 

明るい、明るすぎる、派手とも言うか? いや、ぜんぜん派手じゃない。

 

まぁ、人によって感覚は様々ですからどう評価してもいいんですが

問題は好きか嫌いかですね。

 

この刺繍ができ上ってきた時には、一瞬目が止まってしまいました。

あまりのまばゆさに。

 

赤い、全体に明るすぎるし、ハデハデしいし。

あれっ?私こんな色指定したっけ?

 

 

確かに色は合っています。

合ってはいますが、順番が、、、、

 

逆だった!

 

本来は葉っぱの部分が落ち着いたベージュで

花の部分がオレンジのはず。

 

勘違いしてました。

 

葉っぱの分量が花より断然多いので

間違えると、思い描いていたイメージと全く違うものに。

 

まいった。

ちょっと使えないな、これは。

 

バッグでなくてクッションとかだったら、部屋が’華やかに’なっていいかもしれないけど

身に着けるには、やや派手かなと。

 

ということでお蔵入りとなります。

 

残念。

 

 

JUGEMテーマ:刺繍

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

◎石畳刺繍ショルダーポーチ。

石畳刺繍ショルダーポーチ

 

石畳刺繍ショルダーポーチです。

ついさっき名前を思いついたのでご紹介することにしました。

 

この写真は卸し用に撮ったものなので、HPには掲載できないのですが、

シンプルでちょっとエスニックぽい楽しいデザインだと思います。

 

でも名前が思いつかなくて、石を並べた刺繍なんて書いて

卸し先様に選んでもらっていました。

 

石を並べたって、石畳のことですよね、そういえば。(*^_^*)

 

先日の石垣刺繍とちょっと似てますね。でもちょっと違う。

 

刺繍が増えてくると名前に迷うんですよね、

幾何学っぽいのは特に。

 

私としては名前で刺繍の絵をすぐに連想したいので

英語とかあんまり使いたくないんです。

 

今一つだけ、名前に迷っている幾何学模様があるんです。

もしいい名前が思いついたらご紹介します。

 

思いつかなっかったら、、、、

思いつくまで考えよう。

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

◎石垣刺繍ってどんな刺繍?

石垣刺繍クラッチバッグ

 

石垣刺繍って、こんな刺繍。

先日HPにアップしました。

 

デザイン画を作っている段階で、石垣しか思い浮かびませんでした。

 

他に何か思いつきますか?

 

正確には野面積みの石垣です。

 

野面積み

野面積みは自然石をそのまま積み上げる手法。そのため石の大きさや形はバラバラで、隙間や出っ張りもたくさんある(隙間には小石を詰めて強度を高める)。
欠点はこうした隙間や出っ張りによって、敵が簡単に登れてしまうということで、いまでいうロッククライミングのような感じになっている。一方の利点としては排水性が高いということで、大雨が振っても隙間から水が抜けるので石垣が崩れることは少ない。

 

ま、説明はどうでもいっか。

要は、美しいかどうでかですからね。

 

美しいでしょうか?

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

◎大人の黒パンダどうでしょ?

パンダ刺繍

 

黒地に黒色、黒布のパッチワーク。

見えてますか?パンダ。

 

ちょっと前ですが、いつものメンバーでゴハンを食べていたところ、

パンダのリュックの話が出てきました。

 

「パンダの布の色は何があるの?」とviduのMさん。

 

「紺やグレーだけ、今は」と私。

 

「黒はないの?」とshokoのBさん。

 

「パンダって白黒だから、白っぽい色の生地でないとダメなんだよね」と私。

 

「そんなことないんじゃない?黒に黒パンダでもいいんじゃないの?」とshokoのBさん。

 

「それだと見えなくなるし」と私。

 

「それがいいんじゃない、大人ぽくって」とshokoのBさん。

 

なるほど、先入観念にとらわれていました。

パンダは白黒なんだと。

 

ということで、さっそく作ってみました。

 

実際にはこの写真より遥かに識別しにくい見え方ですが、

これが真っ黒なリュックに仕上がってきたら、また見え方が違ってくるでしょうね。

 

今回はナイロン地にコットン地パッチワークの組み合わせだけですが

水玉のパンダが欲しいとの声も上がりました。

 

大人のパンダを目指して試行錯誤していきたいと思います。

 

 

ちなみに今回の撮影で気付いた刺繍漏れ。

黒に黒だから見逃したか?

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

●調子に乗ってパンダ増加。

パンダの図案

 

パンダ、パンダ、ぱんだ。

 

リュックを作ったところ、リュック自体の評判も良かったんですが

中でもパンダの評判が特に良くて、

 

調子に乗ってたくさん作りました。

8パターンあります。

 

パンダの図案を作るのってメチャクチャ楽しいです。

作りながら癒されるという、なんとも不思議な作業なんです。

 

私の思う、可愛いパンダってリアルとキャラクターの間だったりします。

 

本物ぽくても絵にならないし、

キャラクター寄りだと子供っぽくなってしまうので。

 

そのあたりの加減が難しいところです。

 

パンダのデザインは他にも使っていますが、使えるバッグが限られてきます。

ギャザーやタックが入ってくると使い辛い。

 

その点、リュックはパンダを入れるのに最適な、

平面感と、サイズ感、比率感、カジュアルな雰囲気をもっています。

 

しかもリュックって、子供でも持てるんですよねー。

ちょっと動物図案を増やそうかとも思っています。

 

リクエストは今のうちに。

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

4色レース刺繍はこれで最後です。

しずくトートバッグ、4色レース刺繍

 

先日HPにアップした、しずくトートの4色レース刺繍。

 

このバッグはパンガンダランの中で一番お値段が高いんですが、

その中でもこの4色レース刺繍はさらにします。

 

つまり、パンガンダランの中で一番高いんですが、

予想外?の売れ行きでラストワンになってしまいました。

 

ラストワンはデニム地に銀糸を含む4色で刺されています。

銀糸って高いし刺しにくいので4色レースの中でも貴重なんです。

 

それに銀糸といってもデニム地に刺しているので

ギラギラした雰囲気ではない、華やかさがあります。

 

こういうキラキラするモノってホント写真に向いてないですね。

私の腕ではその辺の感じがお伝えしきれていません。

 

そうそう、youtubeで「Adobe CC 道場」を観ていたら

 

Raw現像の話が出てきて、Raw現像で撮った写真を

Photoshopで加工すると美しいということをやってたんですが

 

Raw現像ってメチャクチャ大きいですよね。そこまでしないといけないかなあ?

なんて思ってるところです。

 

私の場合は一眼でjpegで撮ってPhotoshopで加工してますが、

皆さんどうしてるんでしょ?

 

詳しい方は教えてください。まじで。(*^_^*)

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

復刻ティルタガンガ。

パンガンダランのペンケース用手刺繍

 

ペンケースと布の小さなバッグ用に刺した、手刺繍。

 

もしかしたら見たことのある人もいるかも。

この刺繍はティルタガンガの時に使ってたものです。

 

多くはアオザイに刺してたんですが、

バッグにも使ったし、トップスやパンツなどにも刺してました。

 

つまり、いろいろ使い回していたわけです。

というのも、どれも人気の刺繍だったので。

 

その使いまわした刺繍をパンガンダランでも使っちゃいます。

 

本当は新しいデザインをどんどん作りたいんですが

そんなにいいモノがポンポン浮かんでくるはずもなし、時間もかかるし。

 

ということでちょっとだけ使わせてもらいました。

 

ペンケースは次に作る時にまとめて作ります。

布の小さなバッグは思いっきりラブリーにしようかな。

 

手刺繍ファンの皆さん、もう少しお待ちください。

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

このページの先頭へ