ベトナムお土産ブランド
『サイゴンチェアsaigonchair』

ようやく最初の商品、タオルハンカチが店頭に並びました。
8種類の刺繍があり、ふんわりフカフカ、1枚70,000VNDです。
卸し販売もしますのでご希望の小売店様はご連絡ください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

◎AIって何様?この対応は問題ありあり。

ラインビジネスAIの対応

 

田舎の同級生がHPのラインビジネスに連絡をくれた時の、AIの対応です。

 

この時はラインビジネスを始めたばかりでよくわからず

対応の設定をAI対応にしてしまっていました。

さすがにこれで気づいて止めましたが。

 

わざわざ連絡してきているのに

説明を短くしろだの、あげくのはてにそれでも理解できないだの

いくら何でも失礼すぎるでしょ。慇懃無礼にもほどがある。

 

この後、平謝りしたのは想像にかたくないと思います。

これだったらAI対応なんて無いほうが100倍マシなんだけど。

 

他の人はこれをどうやって使いこなしているんでしょ?

かなりの手腕が必要かと思われますが。

 

平謝りの後、設定を代えてチャットでやり取りしてたんですが、

コロナウイルスで結局キャンセルとなってしまいました。残念。

 

それにしてもAI、AIと騒がれていますが、まだまだこの程度。

翻訳機能もベトナム語なんて、こちらが忖度してやっとおぼろげに理解できるくらいだし。

 

期待しすぎという声もアチコチで聞こえてきます。

 

期待したいんですけどね。

みんな期待したいんだろうな、便利だから。

 

期待したい。

 

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

◎アオザイ刺繍3つ目は『蓮の姉妹』蓮の姉妹。

サイゴンチェア・タオルハンカチ・蓮姉妹

 

一般的な日本人女子が思い描くようなザ・アオザイな刺繍。

ノンラーをかぶって、蓮の花に囲まれて。

 

これを見たらベトナムってすぐわかりますよね。

 

これでサイゴンチェアのアオザイ刺繍を3つともご紹介したわけですが、

3種3様で全く趣が違うので、好みがわかれるところです。

 

身内でアンケートを取ったところ、

1位が自転車、2位が蓮姉妹、そして3位が国旗のアオザイでした。

 

私は国旗アオザイが好きですが、みなさんはどうですか?

 

 

ちなみにこのレターセットは日本製で、ポップアップして立体になるように作られています。

かわいいですよね。

 

これは日本でアオザイ屋ティルタガンガをしていた時に仕入れて売っていました。

こんな可愛くて精巧な作りのモノって、やっぱり日本ならではですね。

 

お気づきだと思いますが、蓮姉妹と似ています。

ここからイメージさせていただきました。

 

コロナウイルスの影響で来店数も減っていますが

転勤、転校の時期なので記念にプレゼントにいかがでしょう。

 

お待ちしております♪

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

◎コロナウィルスで忙しい業界。in サイゴン。

『一汁一菜』ホーチミン

 

コロナウィルスで忙しい業界。in サイゴンは

ずばり、宅配業界。

 

私が使い始めたと同時にコロナウイルスが騒がれ始め

このランチ宅配の『一汁一菜』は大忙しらしい様子。

 

ここは最初の注文はなんと無料なんですが、いきなりゴハンが入ってませんでした。

最初なのでわからず、ゴハンがついてないんだ〜っと思っていたら、

次からはついてたという、いきなりの先制パンチ。

 

次の週は月から金曜までまとめて注文したので

韓国のり、納豆、味玉、アセロラジュースの中から好きなものをおまけにつけてくれる

ということでした。

それで納豆を選択したんですが、火・水はついていませんでした。

 

そういうランダムなシステムなのかな?と思って問い合わせてみたら

実は毎日付くのが普通らしいとのこと。

 

そして今週も先に1週間まとめて注文したので、おまけを味玉にしたら

昨日は韓国ノリが入ってました。

 

ね、かなりの忙しさなんですよ、きっと。

いきなりお客さんが増えたもんだから、てんてこまいなんでしょう、きっと。

 

お知らせでもお客さんがいきなり増えたので

デリバリースタッフを増やしましたって言ってるし。

 

このコロナウイルス騒動が終わらないうちは、てんてこまいは終わらないんでしょう、きっと。

 

私の場合は時間を節約したかっただけなのでこれからも注文するつもりですが

多くの人はやめてしまうかもしれませんね。

 

パンガンダランも宅配しようかなー。

 

3,000,000d以上お買い上げの’お客様でバイクで片道30分以内の方は

宅配無料でお届けします。

 

としてみます。

 

どうでしょう?

 

 

 

■一汁一菜

http://1-ju.com/

 

日本人好みの味付けでシステムもわかりやすく気に入っています。

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

◎どうしたの?Co chuyen gi vay ?

ベトナムお土産ブランド『サイゴンチェア』のタオルハンカチアオザイ刺繍

 

ちょっと物思いにふけっているのかしら?

どうしたの?と声をかけたくなるようなアオザイ姿のお姉さん。

 

ベトナムお土産ブランド『サイゴンチェア』のタオルハンカチは全部で8種類のデザインがあるんですが

アオザイ姿は3種類作りました。

 

一つは先日ご紹介した自転車に乗ってルンルンアオザイ。

一方こちらは物思いにふける国旗色アオザイ。

真っ赤なアオザイは結婚式で見かける色ですね。

 

そしてもう一つは蓮の花姉妹。

これはまた次回ご紹介します。出し惜しみしています。(-_-;)

 

ここサイゴンでは国旗をよく見かけます。

その見かけ度合いは現在の日本のひょっとしたら100倍くらいあるかも。

 

第一、ベトナム共産党のプロパガンダ広告が街のあちらこちらに掲げてあります。

国の祝日にはどこでも国旗を掲げるし、

サッカーの試合があるときは道端に国旗売りが出没します。

あと旅行客が国旗Tシャツを着ているのをたまに見かけるかな。

 

ベトナムお土産ブランドとしては外せないアイテムとなっています。

これからも手を変え品を変え使っていこうと思います。

 

お楽しみに♪

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

◎車に当てられた後にボラれた話。

ベトナムでぼられた

 

前々回に車に当てられて修理した話をしました。

今日はヤマハで修理した後で右ブレーキが折れて、折れたまま郵便局に向かう途中の話です。

 

右ブレーキが利かないのでできれば乗りたくなかったんですが、

郵便局から荷物を出さなければいけなかったので、気を付けながら走っていました。

 

途中、パスター通りを走行中通りレタントン通の交差点にさしかかろうというところで

あれれ、動かない。

 

ガス欠しました。

 

ブレーキに気を取られていてすっかりガソリンを入れるのを忘れていました。

 

ベトナムはバイク天国なのでたいてい少し引っぱって行けば

瓶にガソリンを入れたおっちゃんが見つかるのですが、見渡したところよくわかりません。

 

その辺のおっちゃんに身振り手振りで聞くと

あっちだのこっちだの人によっていうことがまばらで、、、。

 

でもその中で、ピンポイントで方向を指す人がいて、その先に見知らぬおっさんが。

言われるままおっさんのところに行くと、

どうやらおっさんのバイクでガソリンを買いに行くといいます。

 

なるほど、で、おいくら?

 

「60,000d=¥282」

 

「OK」高いけど他に方法がないので。

 

ということで100,000d紙幣を渡して待っていたのが上の写真。

 

ベトナムでぼられた

 

10分ほどで戻ってきて1Lボトルからガソリンを注いでいます。

 

で、注ぎ終わってお釣りをもらおうとしたら、なんやらかんやら言い訳して渡そうとしません。

タクシーと一緒ですね。

小銭を用意しておかないとお釣りが戻ってこないシステムなようです。この国は。

 

でもここで引き下がれないのでしつこく言うと20,000dだけ戻ってきました。

ほとほと、こういうやり取りが疲れるんですよね。

 

バイク天国ベトナムはありがたいけれど、スキがあるとやられる法則も健在です。

 

わざわざガソリンを調達に行ってくれてお互いハッピーハッピー

とはさせてくれないんですよね。

 

こういうのはホントにたまなんですけどね、

でもけっこう効くんですよ、精神的に。

 

防ぎょ法がないので、続かないように祈るのみです。(-_-;)

 

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

このページの先頭へ